2009年08月03日

愛宕山の千日詣

「伊勢へ七度(ななたび)、熊野へ三度(みたび)、
           愛宕さんへは月参り」


という言葉があります。
昔の都人は
三重県の伊勢神宮へ人生で7回お参りし、
和歌山の熊野へは3回、そして
京都市の愛宕山(あたごさん)へは
毎月登るのが望ましいとされていました。



愛宕山は、京都市内でぴかぴか(新しい)一番高い山ぴかぴか(新しい)です。

(This is the highest mountain in Kyoto-city!)

愛宕山.jpg




山頂に愛宕神社があります。

標高が高いので、冬も早くから境内一円が冠雪します。


愛宕山 (3).jpg


この神社は、火伏せの神様なので
京都の古い家々や飲食店はみんな
愛宕神社の「火廼要慎(ひのようじん)」のお札を台所に貼っています。


愛宕山 (36).jpg


本来なら毎月お参りするべきところなのでしょうが、
いかんせん、高い山の上ですので、
毎月登山なんて無理Hello

そんな人のために(?)
この神社では昔から
7月31日に「千日詣(せんにちまいり)」という行事があります。

毎年、7月31日の夜三日月に登山し参詣した者は、
ぴかぴか(新しい)一千日お参りしたのと同じだけの御利益ぴかぴか(新しい)があるそうです。

更に、この日に3歳までの子供が登ったならば、
その子は一生「火難」に遭わないといわれています。

愛宕山 (17).jpg


実際に小さな子供連れがとても多いです。

愛宕山 (20).jpg


みゅうは4年前の千日詣に登ったことがあるのですが、

茶麻呂とさつきに3歳までに登らせたら一生「火難」に遭わなくて済むと思い、連れて行こうと思い立ちました。


この子たちが火難に遭わないということは
わんこが留守番してる時に
家が火事にならないということにもなりますしね家




ところが・・・




この言い伝え、できたのはかなり昔・・・




ということは・・・・・




3歳のうちまでに登れっていうのは・・・・





数え年でってこと!?がく〜(落胆した顔)


現在、2わんとも満2歳犬(笑)犬(笑)

しかし数え年となると・・・

2007年生まれのさつきは3歳ですが・・・

2006年生まれの茶麻呂は


数え年で4歳!!(((( ;゜Д゜)))あせあせ(飛び散る汗) アレー!!




まぁ、ふたりはいつも一緒にいるのだから、
さつきが一生火難に遭わないなら
茶麻呂もまた安泰揺れるハートってことだよね。

だから茶麻呂はお留守番ね家
2匹連れて登山なんて無理だからHello



ショック茶麻呂.JPG

上そんなぁ!ヤでしゅ。僕も行くでしゅ犬(泣)


だってさ〜、
さつきは重いし・・・
荷物はたくさんあるし
私に体力は全くないし、

無理やんたらーっ(汗)


リュックで寝る.JPG

上さっちゃんだけズルいでしゅ犬(泣)


リュックの上でスタンバイしてもダメだよ〜Hello

まぁ、今度一緒にお出かけするから、
今夜はお留守番がんばってねグッド(上向き矢印)


フテ寝する茶麻呂を横目に、
夜21時半に出発家


今回は表参道ではなくて、
裏道のサカサマ峠=首無地蔵経由のルートで登ります。
(そのほうが多少楽に登れるから顔(イヒヒ)


愛宕山 (4).jpg

文字通り、首の無いお地蔵さんが道しるべとなっている
首無地蔵地点位置情報


夜に懐中電灯で照らすと不気味ですがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)


カメラとか三脚とか飲み水や防寒具など
荷物だけでも10kg近くあるので

さつきには緩やかな道だけでも歩いてもらおうと思ってたのですが・・・

折しも雨が降っており雨、足元がぬかるんでいるし
水たまりが大きく深くできています霧。更に
霧が深く霧、真っ暗闇に懐中ライトを照らしても
光が反射して足元があまり見えません。


なので、最初からスリングに入れて登るはめに(>_<)顔(え〜ん)


懐中ライトを消すと全く何も見えないほどの暗闇。

表参道は今夜だけは夜通し提灯がついているのに
裏道は本当に真っ暗です。



そのうえ、スリングから出ているさつきの頭が
雨に打たれて
だんだん水を吸って重くなっていくしたらーっ(汗)たらーっ(汗)


そんな感じでふらふらしながらも山頂に到着。
登山慣れしたグループと偶然ご一緒できたおかげで
何とか無事に登れました。

愛宕山 (6).jpg

Sさん御一行様、ありがとうございました。




愛宕山 (5).jpg

山頂付近は提灯もいっぱい出ていて明るいですね。

早速、拝殿前で記念撮影。


愛宕山 (7).jpg

上「無事、登頂でしゅ犬(笑)


犬が山頂地点位置情報にいることに
皆が驚いてましたが、


さつきさん、

あなたは一歩も登ってないから!犬(足)


そんな得意げな顔しないでいただきたい。

愛宕山 (12).jpg

こんな感じで登山中はスリングの中で寝てましたからね・・・顔(チラッ)


愛宕山 (14).jpg


雨と涼しさのおかげで霧がでています。


本殿にもお参りします。

愛宕山 (9).jpg


みんながお願い事をしている中で・・・


さつきはどうしていたかというと・・・



愛宕山 (8).jpg

上ちょっと!私の願い事聞くでしゅよ!ご飯エサたっぷりお願いしましゅ!!」



ちゃっかり自分のお願い事を
必死でしておりましたたらーっ(汗)



愛宕山 (10).jpg

上これで毎日ご飯たっぷりでしゅね犬(笑)エサ



さつき、ここの神様は火除けの神様なんだってばあせあせ(飛び散る汗)


愛宕山 (11).jpg

上そんなぁ。こんなに濡れてまで頑張ったでしゅのに・・・・


いや、君は何も頑張ってないからダッシュ(走り出すさま)

私が登ってる時、スリングの中で鼻いびき聞こえてたからねダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



ちなみに、今年は登り始めが遅かったので
護摩焚き神事は見られませんでしたが、

夜の9時から山伏たちによるぴかぴか(新しい)護摩焚き神事ぴかぴか(新しい)があります。
(以下は4年前の写真です)

愛宕山 (23).jpg

愛宕山 (24).jpg


ホラ貝を吹きながら山伏が参上。

愛宕山 (25).jpg


愛宕山 (26).jpg


四方に矢を放って魔よけをします。


それからヒバを積んだ山に火をつけます。


愛宕山 (27).jpg

愛宕山 (33).jpg




人々の願い事が書かれた護摩木も呪文を唱えながら
燃やしていきます。

愛宕山 (32).jpg

愛宕山 (34).jpg

愛宕山 (35).jpg



カメラを構えている人たちも、
煙に耐えながら見守ります。
というか、本当に目が痛くなりますふらふら

愛宕山 (28).jpg

愛宕山 (29).jpg



こうして燃えきったヒバの葉も持ち帰ると火除けのお守りになるそうです。


さてさて、この神事が終わると、
次は午前2時の朝御饌祭という鎮火神事まで特に行事がありません眠い(睡眠)

そのため、人々は山頂で仮眠します眠い(睡眠)



愛宕山 (18).jpg


拝殿の廻廊ぞいに雑魚寝するカッパ姿の人々。



愛宕山 (19).jpg

赤ちゃんも熟睡。



子供二人を前と後ろに背負う父親と
重たい子供の荷物を抱える母親
という家族連れもよく見かけました。

愛宕山 (20).jpg


夜通し行事なのに子供が多いのは
やはり3歳までに詣でさせておきたいからなのでしょうね。

それにしても子供2人って20kgはあるだろうに
それをかついで登山だなんてお父さんは大変ですね〜目

午前2時の鎮火神事は意外と地味で
拝殿の中でひっそりと行われます。

0483_edit.JPG

485_edit.JPG



そして、多くの人はご来光晴れを拝んでから山を下ります。


帰りは表参道から帰ることにしました。

時計朝4時半に山を下り始め、延々と下り続けますくつ

愛宕山 (39).jpg


2時間半くらいかかりますあせあせ(飛び散る汗)
上さつきは相変わらずスリングの中です。


暁から曙へ変わったころ、

山の切り開けた場所から
通常はぴかぴか(新しい)雲海ぴかぴか(新しい)が見えるのですが、
雨上がりでぼんやりとした霧が見渡せて幻想的でした。

愛宕山 (38).jpg


上まさに長谷川等伯の「松林図」のように
けぶるような霧に浮かび上がる樹々。

一瞬だけ(本当に一瞬だけだけど)疲れが吹っ飛びました。

朝の7時過ぎに下山でき、
周りはすっかり明るくなっていました。

愛宕山 (42).jpg

上疲れましゅた犬(泣)


途中でくつ体力に限界を感じたので
さつきをスリングから下ろして歩かせました犬(足)犬(足)
道のりの1割くらいは歩いてくれたかなわーい(嬉しい顔)


下山中のさつきは
座り込み抗議で歩行拒否を繰り返していましたが
何とか頑張ってくれました犬(足)犬(足)

愛宕山 (43).jpg

上くたくたでしゅ。もうテコでも動きましぇんからね!



あらそう。もう少し行ったらかき氷売ってるんだけどな〜グッド(上向き矢印)


愛宕山 (52).jpg

上山登り楽しかったでしゅね〜ぴかぴか(新しい)犬(笑)ぴかぴか(新しい)



釣られて豹変顔(なに〜)

どこにそんな体力が残ってたんでしょう〜。


汗と泥でぐちゃぐちゃの体で帰宅して、
お風呂に入ったら、朝から爆睡でした眠い(睡眠)

さつきは帰りのバスの中で大イビキ眠い(睡眠)でした。

さっちゃん、お疲れ様犬(足)
茶麻呂、家お留守番ごくろうさん。




<おまけのかるた>

鏡餅〜平成いろはかるた〜鏡餅


かるたー39ゆ.jpg


次は・・・・「め」!



【おまけクイズ】

今日のかるたの読み札は何でしょう・・・・!?exclamation&question


ニックネーム みゅう at 01:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

わんこOKごはん@祇園

京都で一番「京都らしい街」といえば、祇園ですが、
その祇園にわんこOK犬(笑)のお店を見つけました。

ただし、わんこなら全面的にOKというのではなく、
店長のご厚意で、
吠えない室内飼いの小型犬」だけは店内OKらしいです。
(テラスとかは無くてこじんまりとしたお店です)
小さなお店なので吠えると
他のお客様にすぐに響きますので・・・。
でもしつけのできているわんちゃんは歓迎だそうです。


祇園串 (2).JPG

上そのほうが静かに食べられましゅよね


そうですね。せっかく祇園で食べるのなら
落ち着いた雰囲気のほうが・・・・ってあれ???

さつき達、食べる気なの?
ここはわんこメニューなんて全然ないよグッド(上向き矢印)


祇園串 (10).JPG

上やでしゅ〜!食べましゅ〜!

仰向けてダダこねるんじゃありませんちっ(怒った顔)
そんなお行儀悪い子なら次から連れてこないよ?ダッシュ(走り出すさま)





ピタッ。



祇園串 (3).JPG

上いい子にしてましゅよ犬(笑)あせあせ(飛び散る汗)


なにその変わりようたらーっ(汗)


まぁ、じっとおとなしくしていてね。


このお店は串揚げ専門のお店ですが、
大阪式の串揚げ屋なので、
ソースはテーブルの上の器に入っており、
かわいい二度づけ禁止かわいいです。
(注:先にソースをつけておき、かじった後は後づけしない事)

祇園串 (4).JPG

メニューは豊富で、
普通の野菜類・根菜類・きのこ類・肉類のほかに、
チーズ・もち・しゅうまい・トマトがく〜(落胆した顔)の串揚げなど
変わり種もいろいろあります。
しかも1品1品がジャンボで食べ応えあります。

祇園串 (6).JPG

4月前半に友人と行ったのですが、
二人が注文した時、めいめいがメニュー見ながら
互いに欲しい串をランダムに頼んでいたのに
注文が届いた時に、
私が頼んだものだけが私側に竹串が向いていました。

どちらが何を頼んだのか、
ちゃんとお客さんのこと見てくれるお店ですね揺れるハート


祇園串 (5).JPG




祇園串 (7).JPG

おとなしく寝ていた2ワンにはご褒美に生キャベツをおすそ分けしました。

祇園串 (8).JPG

満腹になったらふらりと清水寺へ。
清水寺は春と秋のみ夜間拝観(ライトアップ)が楽しめるのですが、
ちょうど期間中だったので入りました。


祇園串 (13).JPG

↑画面右の八重の枝垂れ桜桜が満開でしたよ〜。

祇園串 (15).JPG


清水の舞台にて↓

祇園串 (16).JPG

さつきは清水寺の夜間拝観は初めてだったので
キョロキョロしてました。

祇園串 (17).JPG

祇園串 (18).JPG

茶麻呂はカートの中でのんびり寝ていましたが・・・眠い(睡眠)

木の葉から見える京都タワーも幻想的です。


祇園串 (20).JPG


奥の院から見た清水の舞台。


祇園串 (22).JPG


出口ちかくで振り返って塔を見上げると、
桜が塔にかかるように咲いていました。

清水夜景春.JPG 

桜は池の水面に映ってました桜が、
散った花びらが多くて水面鏡の美しさは
写真には上手に写せませんでした顔(汗)


祇園串.JPG


それでも桜桜が美味しそうに見えたのか、
さつきは身を乗り出して桜を見入っていました。

祇園串 (26).JPG

祇園串 (24).JPG

清水寺へは、この日の5日ほど前にも来ているのですが
(仕事だったのでカメラ持たずに来ていましたが顔(汗)
その時は花びらが散っていない頃でして
鏡のように桜が映って本当にきれいだったのですが・・・


祇園串 (25).JPG

上花筏の隙間からしか桜の樹桜見えましぇんね


そうだね。それに花筏は
昼間見たほうがきれいだしねぇ・・・。


やはり夜桜は満開過ぎるとちょっと・・・あせあせ(飛び散る汗)ですね。


でもでも串揚げのお店と清水寺を楽しめたので満足な1日でした〜わーい(嬉しい顔)犬(笑)犬(笑)

※小さな写真をクリックすると拡大表示されます。

※清水寺はわんこ抱っこかカートならOKで歩かせることはできません。



<おまけのかるた>

鏡餅〜平成いろはかるた〜鏡餅


かるたー36あ.jpg


次は・・・・「さ」!



【おまけクイズ】

今日のかるたの読み札は何でしょう・・・・!?exclamation&question


ニックネーム みゅう at 20:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

京の冬の旅 〜最終章〜

まず最初に、
木津川河川敷で保護されたわんちゃん達の情報です。
ひどい状況ですので、
みなさん、物資救援とか宣伝とかしていただければと思い、
載せさせていただきました。

里親ロゴ.gif

↑クリックしたらそのページに飛びます。
少しでもたくさんの人の目に触れ、
助けられますように。。。


【本文はここから】


さてさて、のっちとの「京の冬の旅」ネタが尻切れとんぼになっていたので
続きを紹介します〜。


まず、朝起きて朝食を食べたら嵐山へと向かいます。

東稲 (131).JPG

嵐山ではちょうど人力車のお兄さんたちが出動するところでした。


そうそう、冬はたいしたことありませんが、
春秋のオンシーズンは嵐山へ車で行くと、
他府県の人には想像できないような渋滞が起こります。
駐車場もいっぱいです。車(セダン)車(RV)車(セダン)車(RV)車(セダン)車(RV)


なので、JRか阪急か、あるいは
京福電車(通称らんでん)に乗って
嵐山に行くのがオススメですよ。
(ちなみにJRが一番早いです電車電車

東稲 (163).JPG


足湯@嵐山.JPG

上らんでんの嵐山駅にはホームに温泉足湯が湧いてましゅ

上入湯料いい気分(温泉)は別途150円かかります。

嵐山で最初に拝観したのは
京の冬の旅」で特別公開中の
宝厳院(ほうごんいん)」です。


東稲 (154).JPG


本堂が2か月前に再建されたばかりで
ピカピカでした。下下


P1000004.JPG


お庭が広くてゆっくり歩いてきました。

東稲 (155).JPG

ここのお庭は巨岩が配されているのが特徴です。

東稲 (158).JPG


宝厳院を出たら、すぐ南隣にある「時雨殿」へ。


時雨殿は、数年前にできたばかりの新しい施設で、
百人一首専門ミュージアムです。
百人一首を知らない子供でも楽しめる
ゲーム感覚の施設です。



ただし・・・・


時雨殿は、「ペット一切禁止」です!ふらふらふらふら顔(なに〜)顔(え〜ん)

なので注意が必要です。

カバンに入れての入場も禁止で、
受付でペットのクレート預かりも
してくれません。
以前、夏晴れに茶麻呂と行った時にそう断られ、
友達だけ中に入ってもらって
私は土足部分の玄関入口(自動ドアの内側)で
待っていようと思ったのですが、

「施設内は一切クマ禁止なので、
   自動ドアの外に行って下さい。」


って言われ、灼熱の炎天下晴れに外で待たされました。。。


かなりペットには優しくない施設なので
行く時はわんこ無しで行くか、
冬の時期に車にわんこ待機するかして下さいねあせあせ(飛び散る汗)


さてさて、そんな時雨殿ですが、
中に入るとまず、
ニンテOドーのDS端末を渡されます。

東稲 (137).JPG


その端末を持って、京都の上空写真の上を歩くと、
端末にその拡大図や観光スポットの説明などが表示されます。

東稲 (136).JPG


子供さんも座り込んで色々なものを
空中から拡大して楽しんでいました。


東稲 (134).JPG


また、この地上パネルが百人一首のカルタになって、
カルタ大会が10分おきくらいに開催されます。

東稲 (132).JPG


東稲 (133).JPG


子供も大人も走り回って
必死に札をとってましたわーい(嬉しい顔)


場内にいた人のうちの何位だったかを
DSの端末が知らせてくれます。

みゅうは場内の十数名のうち、
1ぴかぴか(新しい)になりましたよん顔(イヒヒ)

次の部屋では、
百人一首の歌仙たちと、
パソコンバーチャル対戦です。

東稲 (139).JPG

御簾に囲まれた一画で
紫式部などと対戦。

5人相手に勝ち抜ければ
表彰されます。
5人に勝ち続けなければゲームオーバーです。

東稲 (140).JPG

みゅうは実は高校の時に百人一首のかるた大会で
全校内で優勝してますからね、
だいぶ実力はガタ落ちですが、
そこは腐っても鯛、
負けるわけにはいきません。パンチ

東稲 (141).JPG

ちなみに5人に勝ち抜いた場合、
そのかるたを取る速度を
コンピューターが測り、
過去のデータ100人の中で
何人目に速かったかを知らせてくれます。



昔取った杵柄とでもいいましょうか、



結果は・・・・・・・・



東稲 (146).JPG


見事、過去100人中のぴかぴか(新しい)1位ぴかぴか(新しい)になれました〜(^0^)ノシ

時雨殿から発行されるミニ賞状(認定証)もいただいちゃいました。


賞状.JPG


この他にも、絵札の間違い探しとかもあって、
百人一首を全く知らない子供も
夢中になってやってました。


1階で体感ゲームを楽しんだあとは2階へ。

東稲 (153).JPG

ここは実際にかるた大会が行われる場所でもあるため
だだっ広い畳の部屋。


かるた大会が行われる日以外は、
百人一首の有名な歌人たちのマネキンが
当時の衣装を着て展示されています。

東稲 (148).JPG


百人一首に出てくる姫は
みんな十二単衣を着ていると思っている方が多いのですが、

東稲 (149).JPG

実はこれ、誤りですHello


百人一首に登場する歌人は
天智天皇(7世紀)から、
鎌倉幕府の3代将軍 源実朝(13世紀)まで
実に600年の開きもあるのです。


600年ってすごい長いですよねあせあせ(飛び散る汗)
現代に置き換えたら
平成と一休さんの時代くらい
   (↑室町前期。金閣寺ができた頃)
離れているので、
当然、服装も全然違います。



例えば、
世界三大美女の小野小町
十二単衣は着たことがありませんHello
十二単衣ができる100年ほど前の人です。
なので、その当時の女性は
こんな姿をしていました。
下下

小野小町.jpg

上浦島太郎の乙姫様のような
天女の羽衣つけてます。
(領布っていいますけれども)


さらに時代を遡ると、
持統天皇という女性天皇は
7世紀末の人ですが、
こんな格好。
下下

持統天皇.JPG

古代の朝鮮半島の服装にそっくりですね。
高松塚古墳に描かれている衣装です。

百人一首のかるたは
みんな姫は十二単で統一しちゃっているから
紛らわしいですよねたらーっ(汗)


そういう時代背景とかも分かって
楽しみながら勉強できる博物館でした。
(所要時間はだいたい1時間くらいかな目


さて、宝厳院時雨殿を見学した後は、
洛中エリアへ戻ります。
行きはJRを使ったのですが、
帰りは「らんでん電車」を使います。

東稲 (165).JPG


東稲 (165).JPG

ホームの足湯は今回は時間上、割愛。

らんでんの電車内って、木目調でとってもレトロです。
下下

東稲 (166).JPG

ワンマンカー電車で、しかも
降りるときには
バスのように降車ボタンを押す仕組み。

東稲 (167).JPG

押し忘れたらオーバーランです(笑)。

洛中に戻ったら昼食処レストランへ。

今回は大正年間に建造された
古い館で中華料理をいただきます。
大傳月軒」です。


東稲 (169).JPG


大傳のらんち.jpg

前菜3品と、
フカヒレ土鍋あんかけ麺と
レンコンと鶏の塩チャーハン
杏仁豆腐


です。
フカヒレ麺は、
フカヒレがどかどか入っていて、
とっても濃厚で甘いあんかけで
絶品exclamation×2
いつ行っても毎回これだけは
必ず頼んじゃいます顔(メロメロ)

そして、杏仁豆腐も
味がしっかり濃厚で
食感も、もち〜っとした伸びがあって
他のお店に浮気できない美味しさ。


天井が低くて、使われている調度品も古き良き品ばかりです。

東稲 (171).JPG


食後は「細見美術館」へ。


江戸時代の琳派の近世絵画を多数所蔵している細見美術館ですが、
桜ということで、今回の展覧会は
お雛様など、桜春らしいもの中心桜に展示されています。

友達2人下下がここの美術館で勤めているので
中に入れてもらいました〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


スタッフ.JPG


Tさん、Sさん、ありがと〜ムード揺れるハート
また遊んでね〜!わーい(嬉しい顔)るんるんるんるん

館内は撮影禁止ですが
江戸時代のお雛様や
近代のお雛様などがあって
可愛らしい展示でとてもよかったです。

館内にはおしゃれなカフェ喫茶店もあるし
ミュージアムグッズ(お土産売り場)も充実していて、
オススメですよ〜。


そして、細見美術館でじっくり鑑賞した後は、
その近所のとある喫茶店家へ。



東稲 (178).JPG

ここは「ぴかぴか(新しい)ある物ぴかぴか(新しい)」が名物で、
テレビに出たこともあります。

そのある物とは・・・


タルトタタン!

(焦がしリンゴのタルトケーキです。)

東稲 (177).JPG


惜しみなく使った大量にして上質のリンゴ、
黄色い矢印のところまで
ぎっしりとリンゴです。顔(メロメロ)顔(メロメロ)顔(メロメロ)


濃厚なケーキに、
上にかかったヨーグルトの酸味が
爽やかな風味を添えてくれて
抜群に美味しかったですムード揺れるハート

昼食いっぱい食べたのに、
ケーキもしっかり食べちゃいました顔(ペロッ)

この2日間で摂取したカロリー
前日の千本稲荷、何往復分のカロリーグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)でしょうね・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

そんな感じで、2日間、
のっちとふたり、
せっせとカロリー摂取した旅でもありました顔(イヒヒ)

また色々と食べ歩こうね〜るんるん

そんなわけで、

2日目はわが子たち犬(笑)犬(笑)
お留守番DAYでした!


ベッドで並んで就寝1.JPG

ベッドで並んで就寝・・・


ま、いつも犬(笑)連れ歩いてるんだし、
たまにはお留守番もいいよね顔(ペロッ)


そんなわけで、ペットブログなんだけど
たまには観光オンリーなネタも書いてみましたわーい(嬉しい顔)

そうそう、【茶麻呂の出題クイズ】なんですが、
やっぱり難しかったですね。。


茶麻呂が隠れているのは、昨日のヒントで出した通り、
“ 直接は ”茶麻呂が見えないような場所です。

「今この動画を撮影している間も、映っている場所のどこかの中に隠れている。」
という意味だったのですが・・・

動画を何度も見てくださった方、すみません顔(汗)
私の文章能力のいたらなさですねあせあせ(飛び散る汗)
お手数おかけしちゃいました・・・顔(え〜ん)

今までのヒントをおさらいしてみますと、

熊ベッドの上のクローゼットにはいない。
ちゃぶ台の下にもいない。
椅子にもいない。
直接は見えないけれども、動画に写っているものの中にいる。
(実は写真にも写っている物の中です。)
ママに手伝ってもらって隠れた=つまり、自分1匹では隠れられない場所。


ということになります。
引き続き応募お待ちしておりま〜す!わーい(嬉しい顔)
(次回の記事アップの時までに締め切らせていただきますウサギ



<おまけのかるた>

鏡餅〜平成いろはかるた〜鏡餅


かるたー27お.jpg


次は・・・・「く」!



【おまけクイズ】

今日のかるたの読み札は何でしょう・・・・!?exclamation&question


ニックネーム みゅう at 04:21 | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

伏見稲荷の千本鳥居

【前回の続き】

京都に泊まりに来たのっちと京都観光していたみゅう。

伏見稲荷では千本鳥居の上まで行くことになりましたexclamation


伏見稲荷の境内は、
わんこの散歩OK犬(笑)犬(足)決定なので、
2ワンにはしっかり歩いてもらいます犬(足)犬(足)


鳥居の中で黒い豆柴くんと遭遇。

東稲 (77).JPG



東稲 (78).JPG


第1休憩ポイントで追いつきました犬(笑)犬(笑)


東稲 (80).JPG



休憩ポイント位置情報には絵馬掛けがあります。

東稲 (84).JPG


この絵馬、稲荷社だけあって、
キツネの形をしているのですが、
目や口は自分で描き込むようになっています。



東稲 (82).JPG

東稲 (81).JPG


それぞれの表情が個性的でおもしろかったです。


中には小学生の作品でこんなのがありましたよ〜。
下下


東稲 (83).JPG

うますぎ!exclamation

そして怖すぎww


東稲 (87).JPG


東稲 (93).JPG

東稲 (94).JPG

東稲 (95).JPG



だんだん石段が急になっていき、
のどが渇いたけれど・・・あせあせ(飛び散る汗)

東稲 (90).JPG


明らかに麓より飲料の値段がグッド(上向き矢印)跳ね上がってますあせあせ(飛び散る汗)


く、悔しくて買えない・・・(T_T)たらーっ(汗)


なんて思ったけれど 
500ccのお水を150円で購入しました。
(お水はコンビニでも120円くらいよね??


東稲 (97).JPG

上急な石段でも頑張りましゅ

だんだん言葉少なになっていくみゅうとのっち。



東稲 (99).JPG

まだまだ続く石段・・・。たらーっ(汗)たらーっ(汗)


千本鳥居に来たのは9年ぶりだけど、
9年前はもっと楽々と登っていたような気がする・・・たらーっ(汗)
(やっぱり年のせい・・・)



第4の休憩ポイントくらいで、
のっちが耐えきれなくなって
高い水グッド(上向き矢印)を購入。


東稲 (98).JPG


私が買った地点より
さらに100円も高い・・・(((( ;゜Д゜)))あせあせ(飛び散る汗)

のっちのおかげで、さっき
損していた気分が吹っ飛びました(〃 ̄∇ ̄)ノ



皆さん、千本鳥居を登るときは
麓でお水を買ってから登りましょうね・・・。


さて、さくさくと登っていた2ワンですが・・・



東稲 (102).JPG

上もう歩くのは飽きましゅた



い、今なんと!?

(((( ;゜Д゜)))
あせあせ(飛び散る汗)



さつきさん、歩行拒否でました!!がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)



この足取りでわんこ抱っこはしんどい・・・ふらふら
でも置いて行くわけにはいかない・・・たらーっ(汗)


結局抱っこしたら
茶麻呂も抱っこを求めてきて
交互に抱きあげて残りを登りました・・・もうやだ〜(悲しい顔)


東稲 (110).JPG


東稲 (114).JPG



ようやく登りきった時には達成感!!exclamation×2


でも思わず、


もう次に来たら登らないぞ〜!


と思いました。
人生で3度登ったらじゅうぶんだよ・・・。
のっちは一度で十分らしく、
次は絶対登らないそうです(笑)。


帰り道は違うルートで石段を下りていきます。

東稲 (113).JPG

上手を洗うのを躊躇させる手水鉢。



修行の滝がありました。

東稲 (109).JPG

東稲 (108).JPG

上飲めましゅかねぇ・・・

果敢にもむかっていく好奇心旺盛なさつき。

茶麻呂は当然のように
水の音を聞いた時点から逃げ腰で
近寄りもしません。犬(泣)


だんだん日も落ちてきました。

東稲 (115).JPG


所々のお稲荷さんが目が光りそうで怖い・・・。たらーっ(汗)

東稲 (66).JPG




東稲 (118).JPG




最後のほうくつ足には明かりが点り始めました。


東稲 (119).JPG


なんとか無事に麓まで下りてきた時には
すっかり暮れていて、
お腹もぺこぺこ。

帰り道で自宅家犬(笑)犬(笑)に2わんを残して
のっちと夕食処レストランへ。


みゅうが常連にしているカウンター式のフレンチレストラン。

ビストロオジェのメニュー.jpg

アラカルトで豚・牛・魚料理と・・・・って、
メイン級をいくつも頼んじゃいました顔(ペロッ)
これで千本稲荷の消費カロリー足足は優にオーバーですねふらふら


ちなみに上ゴルゴンゾーラのパスタと、
上デザートのカシスシャーベット&ピンクグレープフルーツのプリン
がのっちさんに特に好評でした。

どれも美味しかったよね〜レストラン

がっつり食べて幸せいっぱいになったら、
さがの温泉 天山の湯いい気分(温泉)」へ向かいます。


天山の湯.jpg


ここは天然温泉で、有馬温泉のような赤いお湯いい気分(温泉)が出ます。

壺湯.jpg

しっかりと温まったら
施設内にある「タイ古式マッサージ」をお願いして、
今日1日の疲れをしっかりとほぐしてもらいました揺れるハートムードハートたち(複数ハート)

これで次の日もしっかり歩けるね〜足足



・・・って、ここまでしないと翌日歩けないこの老体が恨めしい・・・顔(汗)たらーっ(汗)


のっちと自宅に戻ったのは午前0時半・・・。


合体型の寝姿.JPG

上遅かったでしゅよ!ママ達だけうまうましてきたでしゅね!


さつきに咎められちゃいました〜顔(ペロッ)

さつき、胴が長くなった?
と思ったら茶麻呂が合体してたのね・・・。顔(イヒヒ)

歩行拒否しなかったら夕食は
ドッグカフェ行ってたかもしれないのに〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)顔(イヒヒ)ww

そんなわけで翌日はちゃんと歩いてよね。



<おまけのかるた>

鏡餅〜平成いろはかるた〜鏡餅


かるたー26の枠つき.jpg


次は・・・・「お」!



【おまけクイズ】

今日のかるたの読み札は何でしょう・・・・!?exclamation&question


ニックネーム みゅう at 08:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

東寺と伏見稲荷と

先月のことですが、2月末に親友ののっちがお泊りに来てくれました〜。

ぴかぴか(新しい)京都観光ぴかぴか(新しい)をしようってことで、
まずはお昼に京都駅に迎えに行き、
ランチ場所へと向かいます車(セダン)

湯葉に」というお店で湯葉づくしのランチコースレストラン
湯葉の刺身や湯葉天ぷらなどなど・・・・

東稲 (2).JPG

東稲 (3).JPG

東稲 (4).JPG

東稲 (5).JPG

(思わず食べてしまって撮り忘れたのも数皿たらーっ(汗)顔(ペロッ)

下〆のご飯にのせる湯葉ちりめん

東稲 (7).JPG

下お菓子はシナモン味のさくさく揚げ湯葉

東稲 (6).JPG

ヘルシーで美味しいお料理でした。

車の中で待機していた2ワン車(セダン)犬(笑)犬(笑)には
ご褒美のおやつをあげて、
次なるスポット、東寺へ。

東稲 (54).JPG

上東寺にさつきと来るのは初めてでしゅよね〜

東寺では早咲きの品種「河津桜桜」がちらほら咲いていましたよ〜。

東稲 (18).JPG

東稲 (17).JPG



京の冬の旅」特別公開期間で五重塔の中が拝観できるので、
のっちが中をじっくり拝観している間、
茶麻呂とさつきを撮影しまくりました〜。


東稲 (16).JPG

上みゅうママは中に入らないでしゅか?

東寺の塔の中はわたし、何回も入ってるからね。
今日は君たちもいるし、お庭だけでいいわ。


お庭には石が浮かんでいて、
その上に亀さんがびっしりカメカメカメカメカメ乗っていました。

東稲 (19).JPG


東稲 (20).JPG

天気が良いので甲羅干ししていますねわーい(嬉しい顔)

さて、東寺の五重塔の前にはさるすべりの木があるのですが・・・



木登り茶麻呂.jpg

(↑生後半年の茶麻呂)



さつきも初の東寺参拝だもの、
恒例に登らないとね(←え)











そんなわけで・・・















東稲 (30).JPG

上登りましゅたけど。おやつ有りでしゅか?



東稲 (21).JPG

上こんなの朝飯前でしゅよ〜るんるん



東稲 (28).JPG

上あ!茶麻呂が先にホネ食べてましゅ!!犬(怒)



カートに残っていた茶麻呂がおやつを先取りしちゃったのを
目ざとく見つけて睨みつけてます・・・たらーっ(汗)


木から降りたさつきには、
ギャラとしてボーロエサをあげました。



東稲 (32).JPG

この時期の五重塔はなかなか青空と撮影するのが難しく、
白っぽい空の色になります。



東稲 (33).JPG

上晴れてるのに撮ると白くなるでしゅよね〜



東稲 (37).JPG

上なんか、ここって見覚えありましゅよ



そうだね〜。桜一昨年の4月桜に来てるよね。
何したか覚えてる??



東稲 (38).JPG

上う〜んと・・・何でしゅたっけ?



東稲 (36).JPG

上あ!exclamationひらめき五重塔と背比べしたでしゅひらめき


正解!exclamationこのポイントから背比べしたよね。
さつきもする??顔(イヒヒ)


東稲 (40).JPG

上当然わたしのほうが大きいでしゅ!

いやいやHello、塔のほうが大きいけどグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)??



東稲 (39).JPG

上ちゃんと撮って下しゃいよむかっ(怒り)!テイク2でしゅ!



東稲 (41).JPG

上ほら、私のほうが高いでしゅよ〜

私の腕が悪かったのねww顔(ペロッ)



そうこうしているうちに、のっちがお堂内部の拝観も終えて戻ってきたので、
境内の「観智院」へ向かいます。

観智院も「京の冬の旅」でぴかぴか(新しい)特別公開中ぴかぴか(新しい)です。


東稲 (42).JPG


しだれ梅が咲いていましたわーい(嬉しい顔)

観智院では茶麻呂とさつき、玄関口でお留守番です。

東稲 (53).JPG

受付のおじさん達がい〜っぱい可愛がってくれて
茶麻呂たちは大喜び犬(笑)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)で待機してました。

観智院はちょっと変わった石組のお庭です。


東稲 (48).JPG

弘法大師が牡牛座荒波を渡って唐の国へ行った様子をあらわしており、
砂の模様は波牡牛座を表わしています。


ガイドしていたのはお友達のKさん。

東稲 (43).JPG

東稲 (46).JPG



久しぶりの再会で嬉しかった〜わーい(嬉しい顔)

坪庭には梅も咲いていてよい香りがしました。


東稲 (50).JPG


坪庭は空気が逃げにくいからか、
小さい梅でもよく香りまするんるん

東稲 (51).JPG


このあと、ガイドのKさんに、さつきを紹介して
ナデナデ犬(笑)してもらってお寺を後にしました。


そこから車で移動して、今度は神社へ向かいます。

東稲 (121).JPG


伏見稲荷で〜す!



東稲 (56).JPG

上なんか石畳が暖かくて昼寝してたいでしゅ

伏見稲荷大社は、全国に4万あるといわれる稲荷社の総本社です。

つまり「OO稲荷」って書いてある全国の神社のトップなわけで、
信仰も御利益も格別!exclamation×2

東稲 (57).JPG

狛犬の代わりに鎮座するのは
当然、お稲荷さん(=キツネ)です。


東稲 (58).JPG


お稲荷さんは書いて字のごとく、

稲がたくさん実る=豊穣=ぴかぴか(新しい)商売繁盛ぴかぴか(新しい)

の神様です。

なので、お稲荷さんの口には
豊かさの象徴である稲穂がくわえられています。

東稲 (61).JPG


ここで千本鳥居を通ってお参りするのですが、
その前に「京の冬の旅」特別拝観のエリアを見学。

伏見稲荷の「お茶屋」が13年ぶりに公開されているのです☆

東稲 (59).JPG

残念ながら門をくぐった先からは撮影禁止なので、
門外から正面の撮影のみ。

茶麻呂とさつきは抱っこOK決定とのことだったので、
1つのカバンに2わん詰め込んで下見学ww顔(イヒヒ)

東稲 (60).JPG

中はお茶室と広いお庭があって
とても風情ある所でした。

特拝エリアを見たあと、
千本鳥居の前で、のっちに質問。

東稲 (65).JPG


みゅう:「本当に行くの?最後まで登れる?」

のっち:「初めての伏見稲荷大社だから、せっかくだし登るよ」



はぁ〜、やっぱりそうきたか。

では登りましょう。くつくつ

あの・・・・・のっちさん、あとで後悔しないでよグッド(上向き矢印)


余裕の笑みを浮かべて登り始めるのっち。

東稲 (69).JPG

境内はわんこ歩いてOK決定なので、
茶麻呂とさつきも歩いてもらいます犬(笑)犬(笑)犬(足)犬(足)



東稲 (74).JPG

上どっちの道に行くか悩みましゅね〜

さてさて、どんな道中になるでしょうか!?exclamation&question

続きは次回に〜!Hello



<おまけのかるた>

鏡餅〜平成いろはかるた〜鏡餅


かるたー25ゐ.jpg


次は・・・・「の」!



【おまけクイズ】

今日のかるたの読み札は何でしょう・・・・!?exclamation&question


ニックネーム みゅう at 05:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

京の冬の旅とドッグカフェ

先週、お天気がよかったので友達とお寺巡りをしてきました。

1〜3月に非公開寺院の開く「京の冬の旅」。今回は12か所の寺院が特別公開されます。


全部を2人で周ると拝観料(1か所600円)だけでも1万4400円¥がく〜(落胆した顔)かかるという強気なお値段の京都社寺ですが・・・


今年も市内某寺院のお坊さんのまさやんさんが全寺院の招待券ペアを下さいました(//∇//)揺れるハート

まさやんさん、いつもありがとうございます!ムード揺れるハート


冬の旅 (0).JPG

上ありがとうでしゅ。そちらへ行った時はまた
  ナデナデ可愛がって下しゃいね〜




さてさて、初日。

まずは洛南エリアの「安楽寿院」へ。
受付でわんこOKか確認したところ、
「他のお客さんの迷惑にならなければOK決定
とのことだったので、
カバンにさつき、スリングに茶麻呂を入れて拝観。


冬の旅 (1).JPG


お庭は広くはないけれど、石細工がさまざまあって趣があります。

冬の旅 (2).JPG


珍しい形の手水鉢も。

冬の旅.JPG



冬の旅 (4).JPG

上宝物館(文化財の保管庫)の見学では、
平安時代の阿弥陀如来坐像が拝観できます。
(撮影禁止です)

冬の旅 (8).JPG

(門前の看板より転載)


中にいるガイドさんに茶麻呂はナデナデしてもらって満足げ犬(笑)るんるんでした〜。
私も久しぶりにぴかぴか(新しい)平安仏ぴかぴか(新しい)が見られてちょっと興奮しちゃいました。
専攻は鎌倉時代の仏像なんですが、
やっぱり平安時代のも好き顔(メロメロ)



境内には多宝塔もあります。


冬の旅 (9).JPG


こちらは近衛天皇(後白河方法の弟)のお墓です。
本当はこの塔、近衛天皇の父である鳥羽天皇が
自分のお墓として生前に作り始めていたのに、
息子が10代で崩御してしまったので
急きょこちらに近衛天皇が埋葬されたらしく
すぐ裏手には父・鳥羽天皇のお墓下もありました。

冬の旅 (5).JPG



多宝塔の前で記念写真。



冬の旅 (7).JPG


安楽寿院の見学の次は東福寺へ。

紅葉東福寺と言えば紅葉紅葉が有名です。
秋になればこの枯れ木下が全て真っ赤に色づきます。

特拝 (4).JPG


やってきたのは東福寺の本堂。

特拝 (6).JPG

こちらは1年に1度、お釈迦様の命日に
「大涅槃絵」の特別公開がされます。

特拝 (9).JPG


お釈迦さまが亡くなった時の様子が描かれた「涅槃絵(ねはんえ)」

特拝 (10).JPG




天井には立派な雲竜図が描かれています。

特拝 (11).JPG


こちらはお堂内の撮影OK決定
わんこも抱っこでOKだったらしく
堂内にちらほらわんこ抱っこ犬(笑)犬(笑)がいました。

しかしうちの子は・・・・


特拝 (14).JPG

上ここで昼寝でもしてましゅよ〜

お堂前の石の上でのんびりしていたので
友達と交替でお堂の中へ入りました・・・顔(汗)


お堂の裏手には・・・


特拝 (7).JPG


甘酒の無料接待が!顔(メロメロ)顔(メロメロ)

東福寺、いいお寺だぁ・・・。
(この甘酒接待は大涅槃絵特別公開の日のみです。)

漬物やあられも置いてあってレストランいただきました。
一応、いただいたのでご志納をちょっとだけ入れてきましたわーい(嬉しい顔)

特拝 (8).JPG



そのあとは東福寺の境内にある塔頭寺院「勝林寺」へ。
こちらでは毘沙門天像などが特別公開されます。

DSC_2611東福寺北谷勝林寺.JPG

こちらは境内の撮影禁止でしたが、
のんびりと拝観してきました。


次に同じく東福寺境内にある塔頭寺院「退耕庵」へ。

こちらも境内の撮影禁止でしたが、
門の外から撮るならOK決定とのことだったので、
境内に茶麻呂を残して、門の外からズームで撮影。わーい(嬉しい顔)



特拝 (3).JPG

上早く入るでしゅよ〜。


こちらは世界三大美女の一人「小野小町」ゆかりのお寺。
小野小町百歳像のほか、
有名なお茶室も見学できました。

と、ここまで見学して拝観時間終了時計です。
10〜16時の6時間しか空いてないので
しっかり見学しようと思うと1日でこれが限界ですね〜たらーっ(汗)


せっかく京都の南のほうまで来ていたので、
市境にあるドッグカフェ犬(笑)レストラン喫茶店まで足をのばしてみました。


ニンナナンナ.JPG


レオ君・ルネちゃんの行きつけのお店、「ニンナナンナ」さんです。


特拝 (16).JPG

上やっとおやつタイムでしゅね〜

しっかり歩いたくつのでおなかもぺこぺこわーい(嬉しい顔)


特拝 (22).JPG

上タイカレーセット(黒米)



特拝 (19).JPG

上ミックスフライセット



特拝 (20).JPG

上私のはないでしゅか?


ドッグカフェなのでわんこメニューもあります。

さつき達には・・・



わんこ用の人形焼き下

特拝 (18).JPG

これ、よく見たらスヌーピーの顔でした〜。


それから
わんバーグ

特拝 (17).JPG


を注文しました。


メニューが下こんなに豊富下なカフェって嬉しくなります。顔(メロメロ)

特拝 (15).JPG


ついついいろいろと頼んでしまって
食べすぎちゃいました顔(ペロッ)


下イチゴシェイクとプリンとレモンチーズケーキ下

特拝 (23).JPG

プリンの上の足跡が可愛い黒ハート


さつきも犬(笑)うまうまが食べられて満足げだったね。


特拝 (21).JPG


ニンナナンナさん、また行きたいなぁ・・・。るんるん




<おまけのかるた>

鏡餅〜平成いろはかるた〜鏡餅


かるたー24う.jpg


次は・・・・「ゐ(い)」!



【おまけクイズ】

今日のかるたの読み札は何でしょう・・・・!?exclamation&question


ニックネーム みゅう at 05:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

まーやんがお泊り 〜観光編〜

さてさて、まーやんがお泊まりした翌朝。


夜中のうちに私のベッドにもぐりこんでくるかと思っていた茶麻呂は
結局、朝までまーやんとぐっすり客室で寝ておりました・・・。犬(笑)犬(笑)


そんなわけで久しぶりにぐっすり安眠できましたよムード
(茶麻呂は寝言犬(泣)がうるさいので私がよく起きてしまうのです顔(汗)


おかげで早起きして朝ごはんは和食を作りました。

まーやん泊.JPG

朝食後はどこへ行こうかトラさんと相談。

京都御苑に行きたいとのことなので、
早速出発〜車(セダン)


まーやん泊 (2).JPG

上早く皆ぼくの車に乗るのら〜


あら、まーやんが運転してくれるの?わーい(嬉しい顔)


京都御苑は、家から車で8分ほどで到着です。


まーやん泊 (5).JPG

まーやん泊 (4).JPG

上今日は御苑の散歩でしゅね〜

まーやん泊 (3).JPG


御苑の散歩している小型犬は、
みんなお洋服ブティックを着ているので

いつも裸族の茶麻呂たちも
今日はお揃いのTシャツブティックにパンツスタイルです。



まーやん泊 (7).JPG

さっそく和服を着た小柄なシーズーちゃんに群がる3わん。

まーやん泊 (6).JPG

あれ??初対面わんこに夢中なあまり、
さつきがまーやんに無意識に近づいてます顔(イヒヒ)


芝生に着いたら早速、まーやんから遊びのお誘いが。

まーやん泊 (9).JPG

まーやん泊 (10).JPG

まーやん泊 (14).JPG

まーやん泊 (15).JPG


あまりに茶麻呂が楽しそうに遊んでいるのを見て、
さつきも混ざりたくなったようです。


まーやん泊 (12).JPG

まーやんが挑発逃げ犬(足)をして茶麻呂が追うと、
さつきも思わず追っていましたよ。

まーやん泊 (11).JPG

でも、ふと立ち止まったまーやんに見られるとひるむあたりが、
まだ恐れているようです顔(イヒヒ)

まーやん泊 (12).JPG

上なんだ、やるのら?ケンカなら買うのら〜るんるん



お水休憩〜。

まーやん泊 (8).JPG

茶麻呂達は小さいお皿のお水を取り合って顔がくっついてます。
順番に飲んだら飲みやすいのにね〜。


梅林の奥に小川があるのですが、

まーやん泊 (20).JPG


そこでも湧水を飲むまーやん&さつき。

まーやん泊 (22).JPG

まーやん泊 (21).JPG

茶麻呂は水嫌い犬(泣)のため、小川には近寄りませんダッシュ(走り出すさま)


水で協力してくれないなら、
木で協力してもらいましょうかグッド(上向き矢印)顔(イヒヒ)

小さい時から木登りわんこな茶麻呂。

DSC_4521.JPG

今も木登りは健在です。

まーやん泊 (17).JPG


まーやん泊 (18).JPG

上高い所も歩けましゅよ〜々でしゅけどダッシュ(走り出すさま)。」



まーやん泊 (19).JPG

上私なんか横向きに座れましゅからね

さつきも餌ホネほしさに対抗してました顔(イヒヒ)

人間もトイレ休憩〜トイレ

まーやん泊 (24).JPG

上トラしゃん、まだでしゅか〜?



これね、トイレ行ってるのトラさんなんですけど。
リード持ってるのは私なんですけどたらーっ(汗)


なんで茶麻呂がまーやんよりも前に出て
トイレ前スタンバイしてるんでしょうかねぇ・・・(^−^;;



1時間以上ゆうゆうとお散歩した後、
犬達よりも人間の足の限界が近づいたために退散顔(ペロッ)


まーやん泊 (27).JPG

上ママ、次はどこへ行くのら〜?

まーやんはちゃんと運転席を向いて助手してるね。

まーやん泊 (26).JPG

上助手席の役目としてママを見守るのら


そうなんだわーい(嬉しい顔)

・・・って、あれ????目

まーやん泊 (25).JPG


上ゆってる横から寝ちゃったよ〜・・・顔(イヒヒ)

どうせ夜中に茶麻呂と夜遊びし過ぎなんでしょグッド(上向き矢印)顔(イヒヒ)

次に到着したのはドッグカフェ「NEST」。
京町家を改装してカフェになった和風な建物です。
こちらでお昼御飯レストランをいただきます。

まーやん泊 (31).JPG

上おやつを目前に、一歩前に出るまーやんと、
少しビビリながらも欲しくて前を向くさつき。


外向きカウンター席が3席だったので、
私とトラさんの間の席を犬席にしました。
さつきは拒否したので、まーやんと茶麻呂を1つの席に。



まーやん泊 (28).JPG

上お店の外からもまーやんの様子が見えますね。




あれ?一緒に座っているはずの茶麻呂はどこへ??目


上カメラ拡大してみましょう。


まーやん泊 (29).JPG


茶麻呂、チビすぎ〜!! 


( ̄▽ ̄)ノ


リボンだけが、かすかに・・・プププ顔(イヒヒ)


まーやん泊 (30).JPG

上失礼な!僕だって見えてましゅよ!ダッシュ(走り出すさま)

かろうじて眼が見えましたね・・・。


こちらのトマトソースのペンネ。
美味しそうでしょ?

まーやん泊 (33).JPG



まーやん泊 (34).JPG

上わんこ用メニューでしゅ〜

そう、こちらのドッグカフェはわんこメニューも豊富です。

でもこれ、さつきとふたりで1皿だからね。

まーやん泊 (35).JPG


仲良く分け分けするのよグッド(上向き矢印)


まーやん泊 (36).JPG

上分かってましゅよ〜。早く下しゃい

そう言ってるさつきが毎回茶麻呂のご飯横取りするんじゃない!ちっ(怒った顔)


食後はカフェ内のグッズを物色。
トラさんが赤のボーダー柄スリングをお気に召して、
早速試着。

まーやん泊 (39).JPG

すっぽりはまっているのは・・・・

まーやん泊 (40).JPG

上僕でしゅた〜。深くて落ち着きましゅ犬(笑)


茶麻呂が早速入り込んで眠たそうにしていました。

まーやんを次に入れてみると・・・

まーやん泊 (41).JPG

上落ち着くのら〜

まーやん泊 (42).JPG

上ママと向き合えていい感じなのら

まーやんのほうが埋もれなくて
ぴったりサイズだねわーい(嬉しい顔)

まーやんお買い上げですぴかぴか(新しい)

ついでに、マー子ちゃんにもなっていただきましたブティックリボン顔(イヒヒ)


まーやん泊 (43).JPG

上似合うかしらグッド(上向き矢印)なのら〜

サイズもぴったり!

初の女装でルンルン?のまーやんと、
ドキドキ?のトラさん。わーい(嬉しい顔)


まーやん泊 (43).JPG

向かった先は・・・

まーやん泊 (46).JPG

金閣寺〜!

金閣寺は、ペットを歩かせない条件で入れます。
でも石段が多いのでカートは無理顔(え〜ん)

抱っこやカバンでもっていける限界は
みゅうの腕力的にはどうしても1匹・・・顔(汗)



感.JPG

上嫌な予感がしましゅね・・・


茶麻呂は金閣寺なんて何度もガイドで行ってるよねグッド(上向き矢印)
だからもう、飽き飽きよねぇグッド(上向き矢印)???(同意強制)


ショック茶麻呂.JPG

上やっぱり僕でしゅたか!

そんなわけで、茶麻呂は車に残って駐車場待機で〜す。
ごめんね顔(ペロッ)


まーやん泊 (49).JPG

上初めての金閣寺でしゅ〜

まーやん泊 (47).JPG

上ママの肩の休憩なのら〜

それぞれの金閣寺を堪能してます。
トイレ休憩は、
スリングまーやんと、
カバンさつきを2人が交代で持つことにしました。

まーやん泊 (51).JPG

最後に金閣寺の出口で、
どうにかこの距離でツーショットを撮るまでに
慣れてくれましたよ〜


まーやん泊 (52).JPG

上ツーショットでしゅ


このあとは駐車場に戻って
お土産を買いにあちこち行ってから解散しました。

たまにはこういう件数を絞ったのんびり観光もいいよね。
まーやん、また来てね家


その日の晩、
まーやんの忘れていったボールを
大切そうに抱えて眠る茶麻呂なのでした〜。

ぐっすり.jpg

上まだまだ遊ぶでしゅ・・・ムニャムニャ



<おまけのかるた>

鏡餅〜平成いろはかるた〜鏡餅


かるたー13わ.jpg

「笑う門には 福、来たる」


次は・・・・「か」!


【おまけクイズ】

金閣寺の駐車場で、そっと車に戻って様子を見たら、茶麻呂は一体何をしていたでしょう!?exclamation&question

ニックネーム みゅう at 00:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

祇園祭に行ってきたよ。

みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

DSC_0344.jpg

予告以来、なかなかパソコン更新できなくてごめんなさい。
先週末から母の家家に泊まりに来ているのですが、
母のパソコンの設定が分からず、
写真扱えるようになるまで予想外なほど苦戦しました・・・顔(汗)

でも、写真の圧縮ソフトをメールメールで教えてくださった方がいたおかげで、
圧縮は簡単にすることができました!
ありがとうございます!!ムード揺れるハートハートたち(複数ハート)



【本文はここから】

さてさて、昨日24日は土用の丑の日でしたね。

かばやき.jpg

ウナギは食べましたか?


うな茶麻.jpg

上僕は去年食べましゅたけどね〜


今年は結局お寿司食べて終わったよね・・・たらーっ(汗)

京都ではこの日、祇園祭の終わりを告げる「還幸祭」が行われ、
これで一ヶ月行われた祇園祭もいよいよ終わりとなります。

DSC_0433.jpg

先週は祭りのハイライトである宵山(夜祭り三日月)に行ってきました。


DSC_0348.jpg

DSC_0352.jpg

上浴衣で繰り出すでしゅよ〜

そう、この日のために買っておいたおそろいの浴衣で
いざ、宵山へ犬(足)犬(足)

DSC_0359.jpg

上ママは着替えないでしゅか?

もちろん、着替えましたとも〜るんるん


ゆかた3にん.jpg

リモコン撮影なので、さつきがカメラのほうを見ていませんが・・・顔(ペロッ)


夜の18時から
京都のメインストリートである四条通が
歩行者天国足くつになります。

DSC_0372.jpg



DSC_0377.jpg

上ひどく道が濡れてましゅね犬(泣)

そう、この日はまだ雨梅雨明けしてなくて、
夕立雨や雷雨雷が激しかったのですふらふら

そんな中、雨の間をぬうように歩いたので大変でした。


DSC_0379.jpg

DSC_0380.jpg


茶麻呂は雑踏をすり抜けてがんばって犬(足)歩いていましたが・・・
さつきは予想通り、はじめの数十メートルがく〜(落胆した顔)歩行拒否どんっ(衝撃)もうやだ〜(悲しい顔)


かくして、
重たいさつき犬(笑)
重たいカメラカメラ
わんこ荷物カバンとを持って
浴衣&下駄 姿で
傘を差しながら小雨
歩くことになり、

亀さんのようにカメノロノロ歩きカメになっちゃいました。


そんななか、一緒に行った梅ちゃんは、ひたすら食べレストランに走り、
みゅうは遊びに走りました。


DSC_0386.jpg

DSC_0388.jpg


下水道のように蜜がパイプを通って出てくるかき氷屋さん。


DSC_0435.jpg


みゅうは射的に挑戦。

ヒ的.jpg

さつき犬(笑)をソフトタンクキャリーに、
茶麻呂犬(笑)を抱っこ袋に入れて
射的をしましたが、
意外と弾は安定しましたわーい(嬉しい顔)
お店のおばちゃんもシーズーを飼ってるとのことで、
そのよしみグッド(上向き矢印)で1弾オマケしてくれました顔(イヒヒ)


ヒ的2.jpg







雷雨雨のためか、今年は浴衣率が若干少なかったような気がします。

DSC_0441.jpg

途中で疲れたら、わんこOK犬(笑)決定のカフェに入って
ずぶ濡れの浴衣を乾かしがてら、
おしゃべりるんるんるんるん

DSC_0451.jpg


DSC_0450.jpg

上私たちは何も食べ物ないでしゅか?」

残念ながらわんこメニューがないのよ・・・顔(汗)

梅ちゃんが意外な爆弾発言(揺れるハートぴかぴか(新しい)トイレぴかぴか(新しい)揺れるハート)をするから、こんな雷雨になったんだexclamation×2
とか子供じみた会話をしながら
くつろぐこと30分。
外もどっぷり暮れてきました夜


山の前で.jpg

茶麻呂とさつきを抱いて撮ってもらいました〜わーい(嬉しい顔)
暗いけど、見えるかな??

その後で、お祭りのど真ん中エリアのビルの屋上で
個人的なビアガーデンを知人が開催しているので顔を出しました。

屋上ビアガーデン.jpg


まさに山鉾のすぐ隣のビル屋上です。
行ってみると、ビルオーナーさんの知り合いがたくさん集まって
大盛り上がりビールビールの最中でした。

ビアガーデンの様子.jpg

向かいに座っていた方が
クマさつきを抱っこしてくれました。

DSC_0456.jpg


が、人見知りな上に、男の人が苦手犬(泣)なさつきは・・・

緊張.jpg

めっちゃ緊張しておりました顔(ペロッ)

せっかく抱っこしてくださったのに、すみません・・・顔(汗)



そんな感じに山鉾を見ながら街を練り歩き、
適度に休憩も入れて
今年はほどほどに楽しんで帰りました。


さつきは最後まで歩いてくれませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)


茶麻呂は真っ暗になってからは
よく人に踏まれそうふらふらになったので、

屋台でピカピカ点滅するカチューシャを買って
腰につけてあげましたが・・

DSC_0472.jpg

めっちゃピッコン、ピッコンと点滅して、
人から踏まれなくなったのはいいものの、


蛍の光.jpg


めっちゃ目立っとる!


(=д=;)



・・・・かくして、通行人に撮影されまくりな茶麻呂なのでした顔(イヒヒ)


茶麻呂もお疲れ様だったね☆



【おまけクイズ】

茶麻呂が最後まで雨の中を歩いたその訳は、実は・・!?exclamation&question

ニックネーム みゅう at 15:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

茶麻呂とさつき、神護寺へ。

さつきを迎えて早くも1か月が経ちました。
ようやく留守番とかもできるようになって(まだ吠えますけど)
日々の成長を感じますムード


DSC_9532.JPG

上もう1か月も経ちましゅたっけ?」


そんな中、先日は友人が遊びに来てくれました。
最近ふさぎ気味だった友人の憂さ晴らしにと、
わんこ連れて犬(笑)犬(笑)一緒にドライブ車(セダン)へ行き、
その帰り道に

「どこか行きたい所、連れてってあげるよわーい(嬉しい顔)
と言ってしまったのがモバQ恐怖モバQの始まりでした・・・・顔(なに〜)



「じゃあ久しぶりに・・・神護寺に行きたい」



って、アナタ・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)




ショックを受ける.jpg

上マジで行くでしゅか!?」
上じんごじって、どこでしゅか?


そう、茶麻呂は覚えてるよね。
今から1年半くらい前、
生後3ヶ月で山登りした・・・あの神護寺だよ。



その時の記事はコチラ⇒下
http://chamalon.a-thera.jp/article/698592.html




なんでも、「かわらけ投げ」がしたいらしい。

新婚さん半年でそろそろガス抜き??

「夫とケンカしてストレス貯まってるから瓦を投げ割りたい」そうです。

DSC_2220.jpg


かわらけ投げ」っていうのは、
素焼の皿(かわらけ)を割ったり投げ落したりして
身に降りかかる厄を落とすものなので、本来の目的と違うわけですが・・・顔(汗)




ま、そんなことはどうでもいい顔(チラッ)



DSC_9255.JPG


あの延々と続く石段を登るのexclamation&question!?
わんこもいるのにグッド(上向き矢印)


しかし、どこでも連れてくと言った以上、
行かねばなりません。
そんなわけで、茶麻呂とさつきと貴重品(1.5kgあるレフカメラ)と、
わんこカバン(荷物も合わせて2kg強)を持って
休憩を入れながら石段を登りました。


前に来た時は石段1段よりも小さかった茶麻呂。
下

DSC_2206...JPG

上この写真をクリックして見てね。)
ね?すごいでしょ顔(イヒヒ)



めっちゃ必死で登ってましたが、
おとなわんこになった今回は・・・


DSC_9233.JPG


DSC_9231.JPG

上スイスイでしゅよ〜

余裕でトントン登っていきます犬(足)犬(足)

老化の著しいみゅうの足足
いたわる隙もなく・・・(T▽T)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


DSC_9227.JPG

上何してるでしゅか〜?遅いでしゅよ犬(笑)るんるん


言い出しっぺの友人もみゅうも黙々と登っていますが
(↑しゃべると体力が落ちるから)、
茶麻呂には着いていけません。


なんてったって、荷物とカメラで9kg近くを持って石段登ってるんだよ・・・顔(汗)


え?カバンとカメラだけならそんなに重くないはずだ、って????








これ下をお忘れなく( ̄〜 ̄;)






DSC_9229.JPG

上楽々でしゅよ〜


そう、案の定、最初の十数段がく〜(落胆した顔)で歩行拒否をしたさつきを抱いて登っていたのです・・・もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


DSC_9230.JPG

上おっそいでしゅね〜クマ


そんな目で見下されても・・・

ま、茶麻呂が嫉妬で抱っこせがんでくるよりマシですかね。


DSC_9233.JPG

上ようやく本堂に着きましゅた〜


駐車場からここまで石段で40分かかりましたあせあせ(飛び散る汗)

本堂でお参りを済ませてから「かわらけ投げ場」へ。



DSC_9251.JPG

上かわらけ投げ場は絶景でしゅね〜


前回は、かわらけを食べ物と勘違いしていた茶麻呂ですが・・・


gabu....JPG



DSC_9237.JPG

上これは唯のお皿でしゅね


今回はクンクンしただけでしたわーい(嬉しい顔)




さぁ、友人よ、

思いのたけを込めて投げちゃって下さい。




DSC_9242.JPG

上僕たちも見守ってましゅからね〜



DSC_9247.JPG

上○○○のアホ〜!!」



と、叫びながら、続いた言葉が


DSC_9248.JPG

上もっと早く帰ってきてよ〜!バカ!!」




ええぇぇぇ!!!( ̄▽ ̄|||)




「夫の不満をぶちまけてストレス発散したい」って
ここ足まで付き合わせといて、



結局、ノロケかよ!!\(▼▼#)))



DSC_9245.JPG

上アホくさ・・・


結構遠くまで飛ばしたかわらけは、
谷間に落ちてゆきました・・・。


DSC_9253.JPG

上これでウサは晴れましゅたかね?」


ま、まぁこういう苦行もダイエットと思えば、
たまにはいっか。
じゃあ夕飯の時間だし、
何か作ってあげるからそろそろ帰ろうね?













DSC_9530.JPG

上帰りも歩きましぇんから!」


あ、やっぱり?もうやだ〜(悲しい顔)   Il||li_| ̄|○ il||li


帰りは茶麻呂も疲れて犬(足)足もとが危なっかしかったので
ダブル抱っこ13kg弱の負荷を背負って山を降りました。


ほいちゃんのダンナさん、
そんな訳なので、もうちょっと早く帰ってあげてほしいそうですよ。


カートの中から (5).jpg

上今度はカートで行けるような平地にお出かけしたいでしゅ



・・・私もそう思います顔(汗)たらーっ(汗)



【おまけ】

「みゅうも一枚投げたら?」と友人からかわらけを渡されたのを、
みゅうはどうしたでしょう・・・!?exclamation&question


ニックネーム みゅう at 04:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

茶麻呂とみゅうの年末年始その4 〜鏡開きと初詣編〜

旅先新幹線新幹線では専らお節料理に夢中だった茶麻呂さんですが・・・

DSC_5149.JPG

DSC_5148.JPG

上栗きんとんも美味しいでしゅよね〜」


京都に戻ったら、またまた初詣Clap鏡餅に行ってきました。

1月5日に、平安神宮へ。

DSC_5176.JPG

上お正月はたくさんの人出で踏まれそうでしゅねあせあせ(飛び散る汗)

そうだねぇ・・・抱っこで歩くしかないよね顔(汗)

ちなみに茶麻呂が平安神宮へ行くのは夏晴れ以来。
真夏の暑い日に大鳥居の前で撮ったのがこちら。↓下

20070723 平安神宮の鳥居前.jpg

上アチチでしゅ〜。お水ほしいでしゅ〜

あ、見比べるとそれなりにアゴの毛とか伸びてますね顔(イヒヒ)

DSC_5178.JPG

平安神宮は京都市民すべてを氏子として明治時代に建てられました。
御祭神は平安京の最初の天皇(桓武天皇)と最後の天皇(孝明天皇)の2柱です。
京都市内に住んでいると、毎年平安神宮のお札が授与されます。
(町内会を通して各家庭に配布されます。)


DSC_5192.JPG

さすがに、正月3ヶ日の恐ろしい混雑に比べると、
参拝客数はそれなりに落ち着いていました。
わんこ連れの方もちらほらいましたよ。

空がどんより曇っていましたが、
快晴の時に行くと、

青い空
白い玉砂利
朱色の回廊
緑の

コントラスト鮮やかな神社ですわーい(嬉しい顔)
ちなみに数年前に撮れた平安神宮快晴晴れ写真です↓下

DSCF0477.JPG

年賀状にもってこいのスポットでしょ顔(イヒヒ)


数年前までみゅうは
年末年始に平安神宮で巫女バイトをしていたので、
それお世話になってる方へ年始の挨拶に毎年伺っています。

DSC_5196_edit.jpg

上お世話になっているYさんと。


帰りしなに、シュナウザーちゃん犬(笑)に出会いました。
茶麻呂に気付いて寄ってきてくれましたるんるん


DSC_5201_edit.jpg


DSC_5202.JPG

上初めましゅてでしゅ


お互いに挨拶を済ませてからお写真撮らせていただきました。


DSC_5209_edit.jpg

お互いが気になって向かい合う2ワン・・・顔(汗)たらーっ(汗)


DSC_5221.JPG

やっと正面向いてくれました犬(笑)犬(笑)


そんなこんなで、みゅうと茶麻呂のお正月挨拶めぐりは無事に完了しました手(チョキ)

そんでもって今日は鏡開き

鏡餅をおろして、しめ縄を外して神社へ返し、
お正月モード鏡餅から日常モードへシフトしますぴかぴか(新しい)



DSC_5075.JPG

上そんなの関係ねぇ〜exclamationでしゅよ

茶麻呂にとってはお正月も毎日とあまり変わらないのかもね顔(ペロッ)


「えべっさん」の残り福へ行くついでに注連縄を納めようかと思ったのですが、
ちょっと風邪を引いたっぽいふらふらので、
人混みを避けて、近くのお稲荷さんに注連縄を納めてきました。

GetAttachment.jpg

これから当分は餅生活です。。



【おまけ】

平安神宮でみゅうが楽しみにしていた事・・・・・それは何でしょう?


※ わけあって「シーズー」バナーから「犬ブログ」バナーへ当面移動します。答えを見るのに面倒な事でお手数かけますが、よろしくお願いします m(_ _)mあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム みゅう at 20:51| Comment(11) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

茶麻呂とみゅうの年末年始その3 〜お茶菓子と初詣編〜

7日から初釜式が始まりましたね・・・。

13日までやっているそうですが、
みゅうの家家裏千家の本拠地「今日庵」から徒歩2分の場所なので、
家の前はたくさんの着物姿目

初釜_edit.jpg

私も着付教室ちゃんと真面目にやらないとな〜たらーっ(汗)
最近、先生に「モノ覚えの悪い子」って烙印おされてそうな私・・・たらーっ(汗)


DSC_4964.JPG

上モノ覚えが悪いのは“親譲り”って言いましゅからね〜たらーっ(汗)


そうそう、その通りひらめき
お母さんのせいで・・・・って、おいっ!exclamation
茶麻呂のモノ覚えが悪いのは私のせいかい!!exclamation×2щ(゜Д゜щ)

上ちなみに茶麻呂のリボンはお正月仕様鏡餅
門松っぽい緑のリボン2本と金扇がついてます。

そうそう、裏千家の初釜で必ず出されるお菓子が「菱葩餅(はなびらもち)」

ほんのりピンクに染まったお餅で白味噌餡をくるんで、
ごぼうを挟んだものです。

DSC_4929.JPG


これは、お茶席ではなくても鏡餅お正月に一番最初に食べる和菓子です。
京都中の和菓子屋さんで、年末年始ぴかぴか(新しい)限定ぴかぴか(新しい)で売られるお菓子で、
この期間にしか買う事ができません顔(メロメロ)



DSC_4932.JPG

上今年は「老松」御製の花びら餅をいただきました。

ちなみにこの花びら餅の材料、
ごぼう 鏡餅 白味噌と・・・・・。
何かを連想しませんか???


DSC_4944.JPG

じつは元々は宮中で「お雑煮が転じてこのお菓子になったんだそうです。
平安時代からある由緒正しいお菓子でもあるんですね。
(詳しく知りたい方はコチラをクリック


DSC_4943.JPG

上僕の花びら餅はこれでしゅね犬(笑)


茶麻呂には「わんこ用花びら餅」をもち米で作る予定でしたが、
年末の大掃除にかまけて作れずあせあせ(飛び散る汗)
急遽、「花びらパン」を作りました顔(ペロッ)


DSC_4942.JPG

上サンドイッチ用のパンにソフトジャーキを挟んだだけ顔(ペロッ)

もちろんキレイに完食していただきましたけれども顔(イヒヒ)


そうそう、茶麻呂と初詣にどこへ行ったか、

そういえば書いてなかったので、ちょっとご報告。



大晦日に知恩院除夜の鐘を聞いて、
八坂神社年越しをして、
自宅に持ち帰ったおけら火お雑煮を食べて・・・・
少し仮眠眠い(睡眠)して初夢を見てから

毎年恒例なのですが、
六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)へ行きました。

六波羅蜜寺.jpg


六波羅蜜寺で「大福茶(おおぶくちゃ)」をいただきます。

DSC_5112.JPG


京都では、あまりお屠蘇を飲む習慣がありません。
その代わりに、新年最初の若水霧を沸かして、
昆布と梅を入れただけの「大福茶」をいただく家が多いのだとか。
(※昔はこの時にも八坂神社のおけら火を火入れに使っていたそうです。)


DSC_5116.JPG

上僕も飲みたいのにカバンに入れられたでしゅよ〜

むかし、皇族が飲んでいた習慣が民衆に広まったとかで、
元は「皇服茶(おうぶくちゃ)」と書いたそうです。

これを飲んで無病息災るんるんるんるん


DSC_5114.JPG

上僕も飲めましゅかね〜犬(笑)揺れるハート


カバンの隙間から首を出さないで!あせあせ(飛び散る汗)

ヽ(;´Д`)ノ


不気味だから・・・たらーっ(汗)


DSC_5123_edit.jpg

お寺の境内でトイプーちゃんに出会いました。


DSC_5132_edit.jpg

上だいぶ年上のシロちゃん。大人しく抱っこされてましたよ〜わーい(嬉しい顔)

ろくはら.jpg

いつもお世話になっているお坊様Tさんと。
みゅうが持っているのは犬(笑)と、それから
六波羅蜜寺で授与される稲穂です。
たくさんお守りやらお札やらが吊るされていてぴかぴか(新しい)御利益満載ぴかぴか(新しい)です。

稲穂に自分に見合ったお守りやお札などを付けて行って自分の家用にカスタマイズできるんですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


六波羅蜜寺へ行った後、その足で
怒涛のように東京やら岐阜やら名古屋やらへ、
大荷物カバンと茶麻呂犬(笑)を持って駆け回ってきました新幹線新幹線
その中で、東京では「わんこOK」のビジネスホテルホテルに泊まりました。
「住庄ほてる」というお宿です。


DSC_5142.JPG

上全室わんこOKらしいでしゅよ犬(笑)

交通も便利な場所電車電車にあって、
ビジネスホテルだけど大浴場いい気分(温泉)もあって、
ちょっと壁は薄いけれどふらふら
わんこ可の宿が少ない東京にあってまずまずのホテルでした。
(“ペットの為のホテル”じゃないので犬(笑)設備は何一つないけれどね。)


DSC_5150.JPG

上食事は僕のおせちを持参しましゅたよ〜」

シングルで8400円。東京にしては安い方なんじゃないかな目
(ペット犬(笑)は無料無料
どなたか、東京でオススメの犬(笑)可お宿があれば教えてください揺れるハートハートたち(複数ハート)



部屋のユニットバスは狭かったので
大浴場いい気分(温泉)に入りに行って
戻ってきたら・・・・、


先に犬(笑)はベッドを占領して熟睡してました・・・顔(汗)下

DSC_5145.JPG

上長旅つかれたでしゅ・・・Zzzz眠い(睡眠)


少しはスペース譲ってよ!!ちっ(怒った顔)

私も疲れてるんだけどダッシュ(走り出すさま)



DSC_5143.JPG

上↑ベッドを譲らない茶麻呂。顔(汗)
角部屋だったので、廊下部分が長くて部屋が広めでしたわーい(嬉しい顔)


京都に戻ったらまだまだ初詣に行ったのですが、そのお話はまた次回にHello



【おまけ】

京都に帰ってから初詣へ行ったのはどこの神社でしょう?
(ヒントは明治時代にできた新しい神社で、全京都市民を氏子としています。)


※ わけあって「シーズー」バナーから「犬ブログ」バナーへ当面移動します。答えを見るのに面倒な事でお手数かけますが、よろしくお願いします m(_ _)mあせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム みゅう at 02:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

茶麻呂とみゅうの年末年始その1 〜年越し編〜

さてさて、みゅうと茶麻呂の年越し風景を書きたいと思います。

大晦日の日。なんとか大掃除も終わりました。

しめなわ.jpg

これでぴかぴか(新しい)福の神さんぴかぴか(新しい)にも来てもらえるはずですわーい(嬉しい顔)

鏡餅鏡餅を玄関に飾り、あと、京都ではホシツキさん(星付)という、
手のひらサイズのお餅(チョボが上に載ってる)をお供えします。


2007.12.31 星付の準備2.jpg

上紅白の紙を切って下に敷くでしゅね・・・」


お餅屋さんによってはチョボが大きくて2段に見えるけど、
鏡餅とは違いますHello
これはお風呂場・洗面台・台所・トイレなどの水場回りにお供えします。

DSC_4938_edit.jpg


DSC_4935.JPG

上一番小さなこの星付はどこに飾ったでしょう??顔(イヒヒ)


DSC_4934_edit.jpg

上これで僕のおうちにも歳神さまが来てくれましゅよね犬(笑)

茶麻呂の霧水飲み場霧にお供えしましたわーい(嬉しい顔)


大晦日の夜は、早めにお風呂いい気分(温泉)に入り、
それから年越し蕎麦をいただきます。

今年は京都ホテルオークラに入っている「有喜屋(うきや)」
京都名物“にしん蕎麦”をお持ち帰りしました。

DSC_4958.JPG


あれ??ニシンの端が欠けていますね。目

これは・・・




DSC_4951.JPG

上僕の年越しソバでしゅよ犬(笑)揺れるハート


茶麻呂にはニシンの一部分と、茹で上げたソバをあげました。Good
スープは味があるので無しでしたが。


DSC_4957.JPG

上うまうまでしゅな〜揺れるハート


一年で最後の食事レストランをしっかり味わってねわーい(嬉しい顔)


ちなみに、知人からいただいた手打ち蕎麦は、ざるそばでいただきました。
トッピングは山の芋をすりおろした「とろろ」です。

DSC_4946.JPG

ところで、みなさんは年越しそば、冷たいのと温かいの、
毎年どちらでいただきますか??
地域によって違うのかなぁ?目?

DSC_4947.JPG


おソバを2人前食べるとさすがに満腹になりましたよあせあせ(飛び散る汗)

そして、夜はるんるん除夜の鐘るんるんを聞きに行きます。

去年は茶麻呂がワクチン済ませていない子犬だったから
独り寂しくお留守番犬(泣)させて
除夜の鐘を聞きに行きましたが、今年は一緒です犬(笑)るんるん

妊婦もどき.jpg

上この中に茶麻呂が入ってます顔(イヒヒ)
茶たんぽがあると、お腹が暖かくて幸せムード

行先は、日本一の大きさを誇るぴかぴか(新しい)知恩院の鐘ぴかぴか(新しい)
テレビ『ゆく年くる年』で放映されてるあのお寺です。

DSC_4995.JPG


DSC_4969.JPG

上お寺の正面にある三門も日本一の高さでしゅよ〜

茶麻呂が植え込みに乗っているのは、
細い板をわたしてあるだけなのですが、
頑張ってバランスとってくれましたわーい(嬉しい顔)


DSC_5001.JPG

鐘が大きいので、たくさんの僧侶達が一緒に鐘のロープを引いて、
助走がついたところで、真ん中の一人が
背泳ぎダイブのように鐘に体ごと突っ込んで行って撞きます。





お坊さんのダイブ、見えるかな?下






遠くからも聞こえる大鐘の音。近くではド〜ン!どんっ(衝撃)exclamation×2と大音量で耳に響きますふらふらが、
茶麻呂は不思議そうに鐘の音を聞いていました・・・。
(犬としてどうなのよ、それ・・・たらーっ(汗)


除夜の鐘の音を聞いて、今年の煩悩を振り落としたら、
新たな年の平安を祈願して神社にお参りに行きますClap

DSC_5005.JPG

上祗園の八坂神社です。ルミナリエ以上の入場制限がかかっていて、
近道をしたのですが、入るまでに40分くらい待たされました・・顔(え〜ん)

DSC_5009.JPG

上八坂神社の門前の四条通の人ごみ。
京都のメインストリートが800m以上にわたって
歩行者天国ならぬ歩行者地獄(一歩も歩けないあせあせ(飛び散る汗))になっている風景は圧巻です(笑)。



何十分かごとに、人数を区切って神社へ入らせてもらえます。


八坂神社では何匹か、抱っこされたわんちゃん犬(笑)ヤギクマに出会いました。

本殿にお参りをして、絵馬をかけようと思ったら、
「健康絵馬」「合格絵馬」などのほかにぴかぴか(新しい)美容祈願の絵馬ぴかぴか(新しい)なんてものがありました。

DSC_5014.JPG



なぬ!?それは買わねば!!

( ̄‥ ̄)=3




DSC_5025.JPG

上僕はともかく、みゅうママのは厳しいお願いでしゅね・・


茶麻呂の体系維持と私の体重軽量化を祈願して、
きっちり祈ってきました顔(イヒヒ)


そして、八坂神社では神火「おけら火」が授与されます。

わらに火をつけて、消えないようにくるくる回しながら家路に着き、
自宅で年初めの火入れに使います。


DSC_5035_edit.jpg


この火を使って、お雑煮を作ったり、
皇服茶(おおぶくちゃ)を沸かしたりする習慣があるのです。

DSC_5045.JPG

香ばしく燃える藁のニオイに、茶麻呂も興味津々です。


DSC_5056.JPG

上それは何でしゅかね〜??


前髪、燃えるよ??(((( ;゜Д゜)))

一年前のクリスマスみたいにね顔(イヒヒ)


おけら火を授与されたら寄り道せずに帰ります。
他のお寺では「境内火気厳禁につき、おけら火を消してください」と言われる所もあるからです。除夜の鐘を聞く前に八坂神社によってしまうと、消えた藁を持ち帰ることになります(笑)。


茶麻呂とおけら火.jpg

上地下鉄のホームです。
ちなみに大晦日の「おけら火」に限っては火をつけたまま乗車電車電車できるので、

駅員さんが「おけら火は先の方を手に持って十分に注意してくださ〜い」
と呼びかけていました。


こんぶダシ.jpg

帰宅して、ガスコンロの火とおけら火を合体させます。手(チョキ)
このこんぶダシでお雑煮レストランを作ります。

お正月の神「歳神さま」は初日の出晴れと共に来るので、
元旦朝の朝4時にこの火でお雑煮を作るのがよいとされています。

お雑煮は京都の伝統的な白味噌雑煮ですが・・・

続きはまた明日わーい(嬉しい顔)Hello
わんこ用のお雑煮も紹介します犬(笑)るんるん



【おまけ】

除夜の鐘を聞く前に整列してじ〜っと並んでいた時、
茶麻呂が抱っこ袋の中でしばらく震えていましたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
鐘の音にビビるような子ではないし・・・・と不思議だったのですが、
原因は一体何だったでしょう?


※ わけあって「シーズー」バナーから「犬ブログ」バナーへ当面移動します。答えを見るのに面倒な事でお手数かけますが、よろしくお願いします m(_ _)mあせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム みゅう at 03:04| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

古都の紅葉を巡る散歩コース

DSC_3938.JPG

上皆しゃん、こんにちは。みゅうママのせいで随分ご無沙汰してましゅ


ハイ、すみませんもうやだ〜(悲しい顔)

紅葉紅葉情報紅葉を書こうと思っていたのに
すっかり紅葉も散ってしまいましたね・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)


DSC_3956.JPG

ちょっと早いけれど、来年の秋の参考にしてください(早すぎグッド(上向き矢印)顔(ペロッ)??)
(撮影は11月30日に、茶麻呂と近所を散歩した時のものです。)


茶麻呂といつも散歩する時に通るのが、こちらの妙顕寺

DSC_3962.JPG

ふだん、観光客はめっっっっったに来ませんが、
さり気なく日蓮宗の大本山です。

DSC_4012.JPG


本堂の大きさは、往時をしのぶ縁となってくれます。

DSC_3999.JPG

上高縁になっているから、高木の紅葉も見やすいでしゅよ〜


DSC_3987.JPG

みゅうの目線(身長152センチ)から見ても床の高さはかなり上のほう・・・目

その本堂の横には紅葉のトンネルがあるのですが・・・

DSC_3972.JPG




DSC_3973.JPG

上ウォーリーを茶麻呂を探せ』

見つかりましたか??わーい(嬉しい顔)


DSC_3979.JPG

上あらら〜、見つかったでしゅか〜犬(笑)


呼び戻したら口に紅葉がついてましたΣ( ̄⊥ ̄|||)  

また紅葉食べてたのね・・・・ふらふら

それにしても、今年は特に紅葉の色づきが悪かったですね・・・。
紅くなった葉もある中で、紅葉が中途半端な枝がよく混ざってました。下

DSC_3983.JPG

一枚一枚の葉を見てもまだらに色が変わっているのも多かったし・・・


DSC_4033.JPG


DSC_4025.JPG

上異常気象のせいでしゅかね〜


茶麻呂もそう思う?目?


DSC_4029.JPG

上それか肥料が足りないでしゅね。僕があげておくでしゅ


それ↑上絶対関係ないから!!ヾ(。`Д´。)ノ  

マーキング止めなさいあせあせ(飛び散る汗)


ところで、京都の寺院でよく見かけるこの形式の築地塀↓下

DSC_3955.JPG

「定規筋」と呼ばれる線が5本線入っていますね。
これはお寺の格式を表すもので、5本が一番格上とされています。
昔の門跡寺院(=住職さんが皇族)にしか使われていないのですが、
こちらの妙顕寺も5本線が入ってました。

DSC_3953.JPG

上つまり、昔はこのお寺の住職は皇族がやってたってことでしゅね」

そう、何の変哲もないお寺ですが(失礼!顔(ペロッ))、
京都にはこういったお寺がいっぱいあります。
ちなみにこの妙顕寺の塔頭の泉妙院には
「尾形光琳・乾山」兄弟のお墓下もあります。

DSC_4037.JPG


尾形光琳は、紅白梅図屏風とか描いた人です。
教科書で見憶えのある人も多いですよね。


光琳作品.jpg


さて、お寺を出ていつもの散歩コースに戻ります。
妙顕寺から西へ100メートルほどで、
これまた築地塀から見事な紅葉紅葉が見えてきました。

DSC_4050.JPG


こちらは宝鏡寺。人形寺という別名で親しまれています。
桜と秋紅葉は特別公開をしている事が多いです。

DSC_4052.JPG

上人形の供養塔上もあります。
確かに古くなった人形って捨てづらいですよね・・・ひらめき



特別拝観で人形展がやっていたので、入りたかったのですが。。。。
堂内が犬連れOKかどうか聞く前に・・・


散歩だけと思って、

お財布持ってこなかったし!! ( ̄▽ ̄)あせあせ(飛び散る汗)


DSC_4054.JPG

上出歩くときに財布持たないなんて、論外でしゅね・・・犬(怒)ダッシュ(走り出すさま)

茶麻呂と散歩すると、う○ち袋とか水筒とか、何かと荷物が多いんだもんもうやだ〜(悲しい顔)





DSC_4058.JPG

上言い訳は聞き流しておくでしゅよ〜


そんなわけで、
宝鏡寺は無料エリア無料だけちょこっと歩いて終了です(〃 ̄∇ ̄)ノ

ここからのんびりと北に向かって行くと、
茶道の裏千家・表千家の当主邸宅と茶室が続きます。

そんな趣ある小径でも茶麻呂は・・・

DSC_4073.JPG

上くんくんくん。ニオイチェックでしゅ〜


ニオイ嗅ぎに勤しんでいます顔(汗)
そんなにクンクンしてたら葉っぱついちゃうよ顔(汗)顔(汗)


DSC_4079.JPG

上ん?何か言いましゅたか?」


ほら、言わんこっちゃないΣ( ̄⊥ ̄|||)

さらに銀杏並木を通って北上します。

DSC_4115.JPG


DSC_4088.JPG

銀杏の実がいっぱい落ちてましたGood

DSC_4086.JPG


今年は別の場所でたくさん収穫しました。

ぎんなんのタ.jpg

採るのは楽しいけれど、実をむいて種にするのが大変ふらふら
ニオイがね・・・

ぎんなんの種.jpg



銀杏の川.JPG

上ちょっと休憩しましゅかね

あとは、水火天満宮と、妙覚寺を通って終了です。

DSC_4083.JPG

DSC_4060.JPG


ちなみに水火天満宮は4月13日の記事にもこっそりと出てきてます(笑)。
お暇な方は探してみてくださいね。わーい(嬉しい顔)


DSC_5633.JPG

上ここの神社は紅葉より桜の方がキレイでしゅよ〜

こんな感じで、だいたい2km弱のコースですが、
うちの近所には寺社仏閣が集中しています。

DSC_4064.JPG

紅葉はすっかり散ってしまったけれど、
紅葉の時期のお散歩コースの紹介でしたわーい(嬉しい顔)



【おまけ】

銀杏並木を茶麻呂と歩いていて、とんでもないことになってしまいました・・・・がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)
一体何が起きたでしょう?


※ わけあって「シーズー」バナーから「犬ブログ」バナーへ当面移動します。答えを見るのに面倒な事でお手数かけますが、よろしくお願いします m(_ _)mあせあせ(飛び散る汗)



DSC_4077.JPG

上この葉っぱ、とってくだしゃい・・・

ニックネーム みゅう at 12:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

茶麻呂とみゅうの紅葉案内♪♪

今年は残暑晴れが続き、そして急に寒くなりましたね・・・たらーっ(汗)
気象庁の予測通り秋が短かった・・・もうやだ〜(悲しい顔)

DSC_4309.JPG

そんな異常気象からか、今年の紅葉は色づきが悪く、
まだら色の葉っぱ紅葉が目立ちましたが、その中でも
金閣寺は比較的、葉の色づきがよかった」と
ガイド仲間に聞いて、行ってみることにしました。


DSC_4227.JPG

上金閣寺の入口付近のお庭


金閣寺は事前に電話で問い合わせたら、

「犬は抱っこかカバンに入れていたら拝観OK決定exclamation×2!」

とのことだったので、
早速中に入りました。

DSC_4260.JPG


朝イチで行くと世界遺産たる金閣寺もそんなに混んでないんで、
写真もゆっくりと撮れますわーい(嬉しい顔)

ちなみに、
金閣寺って、通称であって正式名称じゃないって知ってました??わーい(嬉しい顔)


正確に言うと「鹿苑寺(ろくおんじ)」っていうお寺の、
池中に建っている建物が“金閣”なんです。


DSC_4271.JPG

上ついでに説明するとでしゅね〜、金閣は3階建てで、
  2階と3階だけが金箔なんでしゅよ〜
犬(笑)

友人Aちゃんに抱かれてご満悦の茶麻呂さんの解説でした〜わーい(嬉しい顔)


本当は金閣寺でもっとベストショットな角度があるのですが、
そちらのエリアの拝観は事前予約電話が必要なので、
今回は断念ふらふら

DSC02999.JPG

後光さす金閣の写真でご勘弁〜顔(ペロッ)


DSC_4281.JPG

上金閣の輝きも、僕の輝きには負けましゅよねぴかぴか(新しい)犬(笑)ぴかぴか(新しい)

なかなか自信ありげな茶麻呂ですが、確かに観光客から
たくさんの視線と歓声をいただいておりましたClap

DSC_4298.JPG

出口付近で↑上ご朱印上↑を書いてもらってから
お土産コーナーで買う気もないのに
季節限定の「栗八つ橋」などを試食してきました(^◇^)レストラン


さてさて、そこからタクシーでワンメーターの所に
次なる世界遺産下があります。


DSC_4321.JPG


竜安寺(りょうあんじ)です☆

竜安寺と言えば枯山水のお庭「石庭」が有名ですね。

竜安寺の石庭.jpg

石庭は、白砂の上に大小15個の石が配置されているだけのお庭なのですが、
小さな石が大きな石の陰になって、
縁側のどこに座っても常に14個の石しか見えないといわれています。

DSC_4334.JPG



DSC_4333.JPG

上残りの1つは“心の眼”で見るでしゅよ〜

それが禅の教えと言われています。
茶麻呂、よく勉強してきたやんわーい(嬉しい顔)


この石庭の裏手には、ちょっと変わった「つくばい」があるのですが・・・


DSC_4337.JPG

上こちら。何て書いてあるか絵にすると、



知足のつくばい.jpg


と書いてあります。読めますか??


これは真ん中の口を「口(くちキスマーク)」という部首として
それぞれ4つの漢字を作るんです。
そして時計回りに読むと、

「吾(われ)、唯(ただ)足るを知れり」

と読めるんです。
欲張らず何事にも満足しなさい

という禅の教えがここにも表されているのですね・・・。
こんなに↓↓下食べ物に執着しているようでは、
悟りは開けないということですダッシュ(走り出すさま)

さくら餅がっつく.JPG

上吾、唯だ“足らず”を知れりでしゅ〜」


売店でも常に食べ物ホネはないかと身を乗り出す茶麻呂は、
禅の庭にふさわしくなくてちょっと恥ずかしかったですよ顔(汗)

しかし、売店のおばちゃん達にはそんな首出し茶麻呂がウケたらしく、
ナデナデしてくれたり歓声のオンパレードでした犬(笑)揺れるハート



そんなに褒められたら

舞い上がっちゃうじゃない、私。

(〃 ̄∇ ̄)ノ



売店で.jpg


結局、何も買わないつもりだったのに、
和柄の線香入れを買っちゃいました(^O^;)☆\(▼▼#)

線香入れ.jpg

上かわいい藤色の花柄が素敵かわいい



でもこれって
もしかして、売店のおばちゃん達の作戦!?(((( ;゜Д゜)))




線香入れをゲットした後は池泉回遊式のお庭を歩きます。
竜安寺では枯山水の庭が有名ですが、
方丈の下に広がる大きな池を中心とした
鏡容池(きょうようち)」と呼ばれるお庭下があって、
そちらのほうが私は好きですムード揺れるハート


DSC_4384.JPG




DSC_4393.JPG

柿もたわわに実っていました。




カメラで撮影しているうちに、
茶麻呂の頭に紅葉紅葉が一枚舞い降りてきて・・・

DSC_4385.JPG

皿付きカッパ麻呂。


DSC_4389.JPG

上・・・ってヤラセでしゅからexclamation×2!!葉っぱ紅葉と僕クマで遊ぶなでしゅよ〜!犬(怒)ダッシュ(走り出すさま)


はい、そうでした顔(ペロッ) すみません。


DSC_4390.JPG

上僕も秋を楽しんでるでしゅから邪魔されたくないでしゅよ〜」



そんな風情ある様子を見せてる茶麻呂の目線の先には・・・



DSC_4397.JPG



食べ物かよ!!щ(゜Д゜щ) 柿キター!!



狙ってたって、ちょっとの風では落ちませんよ( ̄‥ ̄)=3ダッシュ(走り出すさま)


DSC_4391.JPG

上あの柿とってほしいでしゅ犬(笑)揺れるハートハートたち(複数ハート)


ついに他力本願でました!Σ( ̄⊥ ̄|||)


茶麻呂はイチゴ・リンゴ・柿が大好きだもんねぇ・・・・顔(汗)

でも諦めてください(笑)





そうそう、境内で撮影中に茶麻呂が急に走り出したと思ったら・・・
茶麻呂の大好きな「子供」を見つけたんですわーい(嬉しい顔)
茶麻呂は常にハイテンション犬(笑)なので、子供が大好き。
そんなわけで、駆け寄って遊んでもらってました。

DSC_4361.JPG

DSC_4362.JPG


それから竜安寺の次は、
立命館大学の方へじっくりお散歩します。


大学の中を抜けて行って着いた先は「等持院」です。

DSC03015.JPG


ここは室町幕府の初代将軍足利尊氏が建てたお寺で、
歴代の足利将軍の墓所でもある格式の高いお寺です。
(ちなみに尊氏の没後の院号が「等持院殿」です。)

DSC_4400.JPG

そんな由緒あるお寺の割に、あまり知られておらず、
紅葉のシーズンでも穴場紅葉になってます。
高めの縁側に足をぶらぶらさせてのんびりくつろぎました。わーい(嬉しい顔)


DSC_4401.JPG

茶麻呂もたそがれてるのかな・・・目


DSC_4402.JPG

上ご飯まだでしゅか〜?」


どうせそんな思考回路だと思ってたよ・・・(―公―;



DSC_4408.JPG

↑↑上室町幕府歴代将軍の彫像
それぞれの顔に 性格をにおわせる特徴が出ていて面白いです。


と、そこで!!!



突然、眼を疑う光景が飛び込んできました。






狩衣姿と壺装束の3人組!!(゜Д゜;≡゜Д゜;)



DSC_4419.JPG

一瞬、中世にタイムスリップしたかと思いましたよ。
彼らは、普通にお寺を拝観してお庭を撮影カメラしたりしてました・・・。

興味が湧いたので話しかけてみて更に驚いたのですが、
彼らの衣装は、どこかのお店でやっているような「変身体験」ではなく、


自前であつらえたもの」なのだそうです!!ヽ(`ロ´;)ノ


着物なんか比じゃないだろうし、見た目に上等な正絹が使われているし、
一体いくら¥するんだぁ!!がく〜(落胆した顔)  L(゚□゚ L)Ξ()゚□゚)」



お寺を後にしてランチへと向かう我々とたまたま一緒の方向だったのですが、
彼らがマクドナルドやガソリンスタンドの前を歩いている時は
お寺の中にいる時よりも目立ってました。

すごいなぁ〜・・・・あせあせ(飛び散る汗)


DSC_4430.JPG

↑この姿でバス通りまで歩いて行ってました。



ちなみにみゅうは、一度「変身体験」で安っぽい化学繊維の壺装束なら
着たことありますが・・・下

DSCN0370.JPG

やっぱりホンモノを見ると、
自分の着た装束のちゃちさがよく分かりました(笑)。


壺装束、欲しいなぁ・・・ムード揺れるハート


茶麻呂に直衣姿させて一緒に街歩きしようかな顔(イヒヒ)



DSC_4451.JPG

上僕はそんなの着ましぇんからね!!」


と、3人組に目を奪われつつ歩いていたら、
あっという間にランチ場所に到着しました。
「CAFÉ SORA」というお店で、わんこOK決定のドッグカフェですわーい(嬉しい顔)

DSC_4433.JPG

なぜかカフェに置いてあった「知恵の輪」に夢中になるYちゃん顔(イヒヒ)



メニュー.jpg

美味しそうなメニューが色々あるのですが、
わんこメニューがないのがちょっと残念顔(汗)

DSC_4455.JPG

上これ、美味しそうでしゅ!!」


DSC_4456.JPG

上この中の柿やブドウは僕も食べられると思いましゅよグッド(上向き矢印)?犬(笑)揺れるハート


犬(笑)が食べても大丈夫やけど、

私が食べたいからダメ〜 ( ̄∇ ̄)b


DSC_4457.JPG

上僕だって今日はいっぱい歩いて腹ぺこでしゅよ・・・犬(泣)


泣き落とし作戦ですかいexclamation!(;゜皿゜)



食事中レストランはじっと我慢していたのに、
スイーツバースデーの時になったら耐えきれなくなったのか、
あまりにも悲しそうな顔じぃ〜っと目で訴えるので、
芸をさせてご褒美におすそわけをあげることにしました。


芸その1


DSC_4436.JPG

上クリスマスツリーの真似でしゅ〜クリスマス

いつもより高く立っておりま〜す(笑)。


その2



DSC_4465.JPG

上サンタさんの真似でしゅ〜」

必死に頑張っていたので、
みゅうのデザートを少しおすそわけしてあげましたわーい(嬉しい顔)


さてさて、遅いめのランチが終わるともう夕方。
いったん家に戻って休憩し家
それから夜三日月平安女学院のライトアップを見に行きました。

DSC_4483.JPG

御所の近くなので、お散歩クマ犬(笑)のついでの方も何人か来てましたよわーい(嬉しい顔)


そんなわけで、秋の一日観光は幕を閉じ、
ぐっすり眠る茶麻呂クマ眠い(睡眠)の横で、

今日一日の筋肉痛に悩まされて眠れないみゅうは
一人うめいていたのでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)

P1010471.JPG

上あのくらいで足が疲れるなんて、運動不足でしゅね〜ダッシュ(走り出すさま)




君を抱っこしてたからなんだけどね!!

ヾ(。`Д´。)ノ




【おまけ】

家に帰る途中で乗ったタクシーで、友人と犬の話題をしていたら、
運転手さんが会話に入ってきたのですが、
「お客さん、犬がお好きなんですね〜。・・・」
その続きで大爆笑しちゃったのですが、何て言ったでしょう?


※ わけあって「シーズー」バナーから「犬ブログ」バナーへ当面移動します。答えを見るのに面倒な事でお手数かけますが、よろしくお願いします m(_ _)mあせあせ(飛び散る汗)



ニックネーム みゅう at 08:45| Comment(14) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

狐につままれたような今朝の出来事。

事の発端は

先月まわってきた回覧板。



「来月、近所の相国寺で恒例の座禅会がありますので、
皆様ふるってご参加くださいますよう。
なお、参加される方は以下の欄に印鑑をお願いします。」

と書いてあり、


回覧版には既に町内の皆様方の印鑑が押してあったので、引っ越ししてきて間もないみゅうとしては、

「郷に入りては郷に従え」とばかりに

参加表明をしたのですが・・・。

チケットを見て気になったのがこの時間。下


チケットライン.jpg


5時半までに入場ください、って・・・




どっちの5時半だ!?



嫌な予感はその下の行。「天講」と書いてあるところ。





あかつき【暁】@三日月を3つに分けた第3番目。宵・夜中に続く。(以下略)




ま、まさか!?( ゚д゚)!!



ごぜん.jpg


やっぱり午前の五時ですか・・・(_ _lll)


みゅうは早寝早起きが苦手です。
就寝は3時を回っても眠くなりませんが、
朝は起きられません(_ _lll)


なので、5時半集合ってことで、

寝坊が怖くて徹夜して参加してまいりました。

yoake.jpg

セミも鳴かない涼しい時間。




相国寺は、金閣寺と銀閣寺をその傘下に抱えており、

お寺の中でも最大手の寺院の一つです。

そこで毎年町内の人を中心とした百数十人が一斉座禅&粥座を行うのが暁天講というわけです。
(詳しくはお寺のホームページがコチラ)


坐禅は何度か経験があるので別に平気でしたが、
睡眠不足眠い(睡眠)で法話の時間がしんどかったです(ρ_-)o眠い(睡眠)

DSCN0682.JPG

雲の形を眺めながら意識飛んでましたね・・・。

朝食に出されたお粥でやっと目が覚めました・・・


DSCN0695.JPG



そんなわけで、朝のお勤めを終えて帰った今朝の茶麻呂飯は・・・・


















ぴかぴか(新しい)☆ドッグフード☆ぴかぴか(新しい)



手作りじゃなくて、ごめんよ〜(^−^;あせあせ(飛び散る汗)

私も粗食(「粥一杯」)だったしぃ〜・・・あせあせ(飛び散る汗)










茶麻呂の反応は・・・・




DSC_7952.JPG

上ふ〜食った食ったでしゅ♪ ん? 別に食べられたら何でもよいでしゅよ〜」

※↑つまようじ代わりのブタミミ細切り↑↑



あまりのフードの食べっぷりのよさに、

日頃手作り茶麻呂飯を作ってる自分が哀しくなりました・・・顔(汗)



まぁ、昼に休憩をとって回復したので、
夕方には手作りおやつレストランをあげました☆


DSCN0712.JPG



茶麻呂用の「バナナチップス」です。


これ、普通の果物バナナじゃなくて、料理用バナナなので、
味はイモみたいな感じです。
でんぷん質たっぷりで栄養素的にもほぼイモ
(匂いだけバナナなんだけど。)




DSCN0713.JPG

上アクが強くて生食できないので、カレーなどに入れたり蒸したりして加熱調理して食べるバナナなのですが、

これがちょっと余ってたので、チップスを作ってあげました。


DSCN0715.JPG


上皮もかためなので包丁でこそぎ落とします。


DSCN0714.JPG



スライスして、チップスメーカーに並べます。

これを、人間用なら油で素揚げして塩をふって出来上がりなのですが、

茶麻呂用なので、
そのまま電子レンジで10分水分を飛ばしてできあがりるんるん

油も塩も砂糖も不使用ですわーい(嬉しい顔)


DSCN0712。。。.JPG

パリパリしていて、味はほんのり甘いです。
(サツマイモほどじゃないけれど)


わんこ用のサツマイモチップを買うことを考えたら
本日のおやつ代(料理バナナの残り=ぴかぴか(新しい)15円分くらいぴかぴか(新しい))は安い顔(メロメロ)¥



どうですか??茶麻呂さん。




なにかしら.jpg

上何だか美味しそうでしゅね〜



ほしい.jpg

上これ、欲しいでしゅ



ぱくり.jpg

上ぱりぱりして美味しいでしゅね〜


※ヤギミルク飲んだ直後で顔がずずけています顔(汗)


ヘルシーなおやつなので、ちょこっと多めにあげましたわーい(嬉しい顔)




それにしても・・・・しっかりと探したのに、
座禅会の会場で町内の同じ組の人を全く見かけなかったのはどうしてなんでしょう??





もしかして、サボってもOK決定だったのかしら??
(私の睡眠返して〜〜!)



【おまけ】

茶麻呂の本日のおやつはバナナチップス。
それでは、みゅうのおやつは何だったでしょう?

(バナナマフィンじゃないよ〜)


ニックネーム みゅう at 03:17| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

後編・わんこと巡る京都観光 〜清水寺と東山エリア〜

【お知らせ】

犬種別カレンダーにあなたのワンちゃんも掲載できます♪
「365日カレンダー」の登録はコチラ↓↓

http://www.365calendar.net/cal/dog_2008_shihtzu




【前回までのあらすじ】

嵐山を堪能し、次に東山エリアへと場所を移した茶麻呂&まーやん&プルちゃん達。
続きは・・・ 




【本文はここから】

東山は京都でも最も観光客の集まるエリアなので、休日にわんこを連れて歩くのはなかなか大変です。なので少し抜け道を通りました。


石塀小路はちょうど無人で撮影チャンスです♪

DSC_7839.JPG

茶麻呂さ〜ん、表情かたいっすよ顔(汗)

DSC_7838.JPG

上あ、うっかりしてましゅた。はい、スマイルでしゅ犬(笑)ぴかぴか(新しい)



最近、頭の中で「カメラ=おやつ」の図式が

できつつある茶麻呂。
レフカメラを向けるとその場で待機してくれます顔(イヒヒ)下

京女発見.jpg

と、そこへ・・・
背後にはんなりとした京女が!!

しかし茶麻呂は足音に一瞬振り向いただけで、
すぐにカメラ目線に戻りました。がく〜(落胆した顔)

色と食い気.jpg


京女に愛想をふりまいてナンパ中のプルちゃんと、

色気より食い気」で興味皆無の茶麻呂。

対照的ですね顔(イヒヒ)

 茶麻呂の頭の中はおやつでいっぱいのようです。

いろんな場所で撮影しながら観光しましたカメラ

八坂の塔の前でちょうど、舞妓さんの扮装体験をしている方々と出会い、
撮影させてもらいました。下

DSC_7851.JPG

舞妓体験はいろんなお店でやっているので、よく見かけますが、
これだけ大人数で扮装するとさすがに絵になりますね〜。目


 八坂の塔から清水寺へ向かうと、

修学旅行生や外国人がいっぱいひしめいてました。

境内の猫猫(足)も周りの喧騒をうるさそうに身を丸くして昼寝しています。











DSC_7854.JPG

と、思ったらうちの子でした。。顔(ペロッ)


なんだかそこに住んでる野良犬みたいだよ・・・たらーっ(汗)



DSC_7859.JPG

上だって疲れたでしゅ。犬(泣)ポーズしましゅから、あとは抱っこして下しゃいあせあせ(飛び散る汗)

さすがに歩きすぎて茶麻呂もバテバテだね。
茶麻呂に頼まれなくても、

清水寺は

ペットは抱っこのみOK決定で散歩は禁止

なので、初めから抱っこする予定だったのよ♪るんるん



DSC_7861.JPG


上これが世界遺産・清水寺本堂の舞台です。


DSC_7863.JPG

奥ノ院の手すりに乗せてみました。

なかなかエキサイトでスリリングなポジションでの撮影なんですが、

茶麻呂は眺めを堪能してるようでした・・・exclamation×2

もしかして茶麻呂って大物かもしんない・・・・がく〜(落胆した顔)


清水寺に参拝した後は、清水坂から三年坂へと足を進め、
お土産屋さんをひやかして歩きました手(チョキ)


DSC_7878.JPG

上このお店のあんみつは美味しそうでしゅね〜揺れるハート


DSC_7880.JPG

上このお店に入りたいでしゅよ!」

そんなにアピールしても入れないよ顔(汗)顔(汗)



DSC_7876.JPG

商家の馬寄に乗っかる茶麻呂。
頭の中は、あんみつでいっぱいになってることでしょう・・・顔(イヒヒ)

そして締めくくりに三年坂から二年坂へ。


DSC_7882.JPG

二年坂で少し休憩し足を休めましたが、
いつもの茶麻呂なら人を見たら飛んで行って愛想ふりまくのに、
さすがに今日は疲れて通行人を眺めるにとどめていました。

この後、ドッグカフェ・ソランベリー喫茶店犬(笑)喫茶店に行ったのですが、

あまりに疲れていたのか、私としたことが

撮影し忘れましたΣ( ̄⊥ ̄|||)



そんなこんなで、楽しい京都観光だったのでした。わーい(嬉しい顔)
まーやん&toraさん、来てくれてありがとう!

kinenn.jpg

 わんこと巡ると、普段の観光とはまた別の味わいがあるなぁ、
と改めて思いました。

みなさんも是非、わんこと一緒に京都観光してみてくださいね☆
(みゅうで良ければご案内します♪)


【おまけ】

清水寺界隈で茶麻呂を抱っこして「よーじや」などのお土産屋さんに入って買い物などしたのですが、その時一番困った事は何でしょう?


ニックネーム みゅう at 06:36| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

続編・わんこと巡る京都旅行 〜人力車も体験したでしゅ♪〜

【お知らせ】

犬種別カレンダーにあなたのワンちゃんも掲載できます♪
「365日カレンダー」の登録はコチラ↓↓

http://www.365calendar.net/cal/dog_2008_shihtzu




【前回までのあらすじ】

嵐山をレンタサイクルでまわって落柿舎(らくししゃ)を見学した後、祇王寺(ぎおうじ)までやってきた茶麻呂&まーやん&プルちゃん達。続きは・・・ 




【本文はここから】


さてさて、修学旅行生などでごっちゃ混みの嵐山も祇王寺まで来ると、
ひっそりとした趣が出てきます。

DSC_7794.JPG

上祗王寺のお庭。秋には紅葉紅葉がきれいに色づきます。

ここでも拝観入口では、受付係のおばちゃんが、

「あら、それぞれがわんちゃん1匹づつ連れてるのね〜わーい(嬉しい顔)。」

と笑いかけながら半券をもぎってくれました。

境内.jpg

上境内の見事な苔模様を楽しみながら散策します。


(ここでちょっと祗王寺の由来話↓)

祗王寺の名の由来となった祗王は、白拍子として平清盛に寵愛されていたのですが、
自分が口添えをしてあげた仏御前という白拍子に清盛が心移りした時、

仏御前と自分の境遇を
「萌え生づるも 枯るるも同じ野辺の草 
           いずれか秋(=飽き)に遭わで 果つべき」

と歌に詠んで、妹の祗女とともに尼となってこのお寺に入ったのでした。
そして、それを知った仏御前も後を追って出家し、ここで一緒に尼として余生を送ったそうです。

時に祇王21歳、祗女19歳、仏御前17歳。
世を捨てるには早すぎますよね・・・。



世は無常なれば 人の心もまた無常。

DSC_7796.JPG

そんな気持ちを感じ取ったのか、尼像の前で吉野窓を見ている茶麻呂、
心なしか物思いにふけっているようでした。



さてさて、祗王寺を出た後はランチです♪レストラン

昼食は買っておいたお弁当をサイクリングの途中でいただきました。

 ちなみにわんことお店でランチがしたい方は、
嵐山から車で10分の所に K-yard さんがあります。

 
レストラン食後のイベントは「人力車」

人力車に自分から寄っていかなくても、お兄さんと目が合っただけで、
「どうですか〜?記念にぜひ!」
なんて必死の勧誘が・・・(〃 ̄∇ ̄)ノ



もともと乗る気でも、
え〜、でも・・・どうしようグッド(上向き矢印)?」なんて素振りをみせて
お兄さんの気を俄然ひいちゃいましょう(笑)顔(イヒヒ)



値段は一律で勉強してもらえません(=値切れない、の関西弁)
もともと乗る気満々だった客よりも
自分がその気にさせたお客のほうがサービス良いです。


DSC_7800.JPG

今回は人力車に乗ったことのないメンバーということで、
プル母さんとtoraさんと3わんこ達、

合わせて2人3匹ご乗車です♪


DSC_7821.JPG

上みゅうママ遅いでしゅよ〜ぅ♪♪犬(笑)るんるん

高飛車に車上から見下ろす茶麻呂を

撮りながら伴走しているみゅうですが、

日頃 運動不足なだけに、結構いい運動になりましたね。。。あせあせ(飛び散る汗)

DSC_7816.JPG

上↑仲良く膝の上で並んだ3わんこ。


ちなみに乗車後に3人3匹の写真をお兄さんが撮ってくれたのですが、
3匹がカメラに目線が向くよう何度も何度もがんばって撮影してくれました(^^)
お兄さんありがと〜ハートたち(複数ハート)

サービス優良です!

ただ、

「次に乗る時に割引されますよ〜わーい(嬉しい顔)

と言って人力車割引券をくれたお兄さんですが、はたして
人力車をリピーターとして利用する人はいるのでしょうか・・・?(@_@;)?


いっそ割引券使って人力車で清水寺まで!exclamation

なんていう無謀な使い方をしてみたかったのですが、
乗用車で清水寺などのある東山エリアまで移動しました車(セダン)


周辺散策で犬(笑)犬(笑)犬(笑)にはしっかり散歩していただきます顔(イヒヒ)




東山エリア散策の様子はまた次回Hello(どこまでも引っ張ってごめんなさい顔(ペロッ)あせあせ(飛び散る汗) )


【おまけ】

人力車で小躍りしながら一番ハッスルしていたと見られた茶麻呂さん。実は・・・何がしたかったのでしょう!?


※ 祖父の忌明け法要のため、明日と明後日はブログをお休みします
ニックネーム みゅう at 05:32| Comment(14) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

わんこと巡る京都旅行 〜嵐山でわんことレンタサイクル〜

【お知らせ】

犬種別カレンダーにあなたのワンちゃんも掲載できます♪
「365日カレンダー」の登録はコチラ↓↓

http://www.365calendar.net/cal/dog_2008_shihtzu


【本文はここから】

まーやん&toraさんプルちゃん&プル母さんとともに京都を旅行することになった茶麻呂。

コースはtoraさんの希望で「嵐山・清水寺周辺コース」となりました。

まずは、朝から嵐山へ。


DSC_7782.JPG


上ここが渡月橋でしゅよ〜。風が強いでしゅね〜


DSC_7783.JPG

↑嵐山名物のひとつ「ぷるっ娘(わらび餅)」とプルちゃんを抱くプル母さん。



一行はまず「嵐山温泉の足湯いい気分(温泉)」へ向かいます。


DSC_7785.JPG

上混浴でしゅか〜グッド(上向き矢印)犬(笑)揺れるハート




茶麻呂さん、嬉しそうですね顔(チラッ)・・・足湯だから一緒に決まってるでしょいい気分(温泉)


DSCN0087.JPG

朝早かったからか、足湯は初老の夫婦1組だけが入ってはりました。



ところで、この足湯、どこにあると思います??顔(イヒヒ)


DSCN0085.JPG

上僕の目の前は足湯でしゅが、さて背後は何があるでしょう?」








答えは何と駅のホーム!電車電車exclamation×2

DSCN0089.JPG

上僕の後ろに線路と電車があるのでしゅ〜


そう。嵐山の足湯いい気分(温泉)は京福電車の嵐山駅ホーム内にあるのです。

電車に乗らなくても「足湯券(タオル付きで150円)」を改札で購入すれば誰でも入れます。

犬(笑)を抱っこして改札を通るとき、
駅員さんは何も言わはりませんでしたが、
さすがに足湯には、いれませんでしたよ。
足湯は犬(笑)犬(笑)犬(笑)達には隣で見学してもらいましたわーい(嬉しい顔)(^m^)


足湯いい気分(温泉)でほっこりしたら、ここからは寺院観光もするため、
レンタサイクルすることにしました。
犬(笑)はカゴの中に乗車いただきます顔(イヒヒ)


嵐山では見どころが点在しているため、歩くと結構タイムロス(疲労もそこそこ)なので、
あちらこちらで営業しているレンタルサイクルを利用するのがオススメです。


いろんなレンタサイクルのお店がある中で、私たちがチョイスしたのは、
渡月橋の角にあるお店。ここのお店は嵐山の駅前よりちょっと¥安い♪っていうメリットの他に

わんこに快適な自転車」というメリットもあるのです。

自転車の写真を撮り忘れたので再現写真になるのですが、

駅前などで借りれる自転車のカゴは網目の大きなステンレスタイプ↓下

チャリかごです.jpg

こんな感じですが、私たちの借りたお店のは、網目の小さなプラスチックタイプ↓下


チャリカゴ安全.jpg

なので、カゴの下が見にくいので、わんこにとってもあまり怖くないし、
乗り心地もよいと思うのですわーい(嬉しい顔)

プルちゃんのブログにカゴが写ってますカメラ


ちなみに茶麻呂は生後3か月下の頃からチャリに乗っていたので

0119 ゥ転ヤで...jpg

今では網目の大きなカゴに入ってもすんなり指南車になってくれるのですが、↓下

ふだんチャリ.jpg

(普段のチャリ通の様子上


身を乗り出すわんこにオススメなのは、「スリ防ぎネット下です。

チャリネットかぶせ.jpg

この日、まーやんは初めての自転車カゴ体験にちょっとびっくりしてました犬(泣)

もし、自転車に慣れてない犬(笑)を乗せるならなら

この「スリ防ぎネット」と、
カゴの底に衝撃を吸収するためにミニ座布団なんかを持参するとよいかもしれませんね。わーい(嬉しい顔)

さて、茶麻呂号を筆頭にまーやん号プル号

嵯峨野の竹林を駆け抜けました。

DSC_7787.JPG

上マイナスイオンたっぷりでしゅね〜

この嵯峨野の竹は工芸品として名産にもなっており、
お土産屋さんでも竹細工が色々と売っています。


初めに見学したのは「落柿舎(らくししゃ)」
ここは松尾芭蕉の弟子の向井去来が結んだ庵です。

↓秋はこんな感じ。下

らくししゃ.jpg

入口で茶麻呂を抱っこして拝観料を払おうとすると、
受付係のおばちゃんが、

「あら〜、可愛いなぁ揺れるハート」と茶麻呂をナデナデしてくれました(*^-^*)



昔の俳人を偲んで、庭で俳句を詠み、投句箱に入れてきました。

DSC_7789.JPG

上う〜、難ちいでチな・・

句をひねってるプルちゃん。真剣に考えてますね〜。



茶麻呂は詠めたかな??

よめた.jpg

上お庭のアジサイを眺めてたら句ができましゅた

では、披露してもらいましょGood(^^)

あじさいも....jpg

上※ 写真をクリックすると拡大表示されます。


季語はあっても味のない駄句ですね顔(チラッ)たらーっ(汗)


DSCN0095.JPG

上そういうみゅうママこそ書いた句を見せて下しゃい

toraさん達には見せたけれど、ここでは内緒です顔(ペロッ)あせあせ(飛び散る汗)


しかし、いつもの観光と違って、みんなで来ると、写真も撮りあっこできるからいいですよね♪

茶麻呂とツーショットも撮ってもらいました♪


DSCN0100.JPG

そんな感じに、みんなが詠んだ恥ずかしい俳句を投句箱へ封印した後は、


落柿舎を出て、次に祇王寺(ぎおうじ)へ向かいました。





が、ここまで書いて眠くなったので続きはまた明日眠い(睡眠)。(^-^)ノシ

ちゃんと明日書きますからぁ〜(笑)


【おまけ】

犬ネタではないのですが、この日目撃した中で、「なかなかない事」があったのですが、
何を見かけたのでしょうか?


ニックネーム みゅう at 07:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

桜記事もこれで最後かな。。。

京都の桜もようやく終わりを見せかけ、
桜の木を見るとピンクよりも緑の方がやや多い葉桜になってきました。

一週間前には満開だったのに・・・

DSC_5754.JPG

ほんと、桜は一瞬ですね。
でも、今年はまだ比較的長持ちしたほうですよね(^^)

実は先週のパソコン故障週間に桜ばかり見ていたので、まだまだ桜関連の記事はあるのですが、窓の外の現実(=葉桜)と乖離してきたので、今日くらいで打ち止めにしておきます(笑)。



先週はご案内で京都をめぐる日も多かったのですが、
その中で1日、大阪の友達うめちゃんが我が家に遊びに来てくれたので、一緒に桜を撮りに出かけました桜カメラ


 初対面の方をガイドするのと違って、
勝手知ったる友人とぶらりとめぐるのもいいもんです(^-^) 
まずは二人にとって縁の深い東寺へ。


DSC_5771.JPG



京都で一番多く行った寺は?と聞かれたら即答で東寺(教王護国寺)。もしかしたら4ケタいってるかもねって勢いで通った寺なので、うめちゃんも私もどの角度から見たら写真がきれいに撮れるのかガッチリ把握しています(写真の腕はともかく)。


DSC_5794.JPG



DSC_5798.JPG


DSC_5802.JPG

う〜ん、
あとはモデルがいまいち乗り気じゃないのが問題でしょうか・・・あせあせ(飛び散る汗)



きっと境内のカメさん達のやる気ないオーラがうつったのね・・・


DSC_5795.JPG


それにひきかえ、久しぶりの京都を満喫するうめちゃん(これでもレストラン店長)。



DSC_5781.JPG

こんなお茶目なトリック写真を撮って楽しんだり、やってる事はまるで観光客(笑)。
もち、みゅうもやりましたけど(爆)。


DSC_5789.JPG

上僕と塔ではどっちが高いでしゅか?


茶麻呂、五重塔の1層分だけ足りないね・・・惜しい顔(イヒヒ)
って、もしこれが本当の対比サイズだったら
この人下と同じ大きさなんだろうけど。。。顔(ペロッ)


ファルコン.jpg



















DSC_5810.JPG

上ひどいでしゅ。僕は白い龍なんかじゃないでしゅ!わんこでしゅよ〜あせあせ(飛び散る汗)

茶麻呂がファルコンに似ているかどうかはさておき、撮影場所を大師堂へと移動します。



DSC_5752.JPG



ここはわんこの散歩禁止エリアなので、茶麻呂は抱っこ袋にずぼっと入れて歩きます。







DSC_5752.JPG


鐘楼に桜の花びらがひらひらと舞い散る様を見ていると、

私の頭の中には三好達二の詩「甃のうへ」が浮かんできます。



あはれ花びらながれ
をみなごに花びらながれ
をみなごしめやかに語らひあゆみ
うららかの跫音(あしおと)空にながれ
をりふしに瞳をあげて
翳(かげ)りなきみ寺の春をすぎゆくなり
み寺の甍(いらか)みどりにうるほひ
廂(ひさし)々に
風鐸(ふうたく)のすがたしづかなれば
ひとりなる
わが身の影をあゆまする甃(いし)のうへ

(by三好達二 「甃のうへ」)



散り急いでいる桜なのに、
風でひらひら散っていく様を見てもなお、
時がとまったかのような錯覚におそわれるのは、
きっと桜が一瞬一瞬を大切に咲いているからなんだろうなぁ・・・

などと考えながら桜の下を歩いたのでした。



sakura.jpg




























上彼が考えていることは、私と絶対違うと思われるので、セリフ削除です顔(ペロッ)



東寺の後は「都路里」で抹茶カフェ。

DSC_5819.JPG



実はうめちゃんが今回京都に来た理由は、
みゅうの新しい家家を見に来ることでもなく、桜桜でもなく、


都路里の特パを食べるため だよ〜ん♪


とのこと。これを久しぶりに食べたかったのだそうです。
「花より団子」族がここにも一人・・・orz

(※ 特選パフェの略。特大パフェの略という別説も)

これが特選パフェ下

DSC_5823.JPG


そしてみゅうは「都路里袱紗(つじりふくさ)」なるものをいただきました下

DSC_5820.JPG



いつも都路里に来る(これを“ツジった時”と言います)と、ほうじ茶パフェ派(夏は氷派)だったけれど、これは伊勢丹店限定メニューで、私も初めての試み揺れるハート


抹茶クレープ生地の中には、カステラやらオレンジやらクルミやらがカスタードクリーム&あずきに絡まって入っていて、上からいちじくソースを掛けていただきますレストラン

聞いただけでは変な組み合わせですが、これが意外とイチジクソースのおかげで丸くおさまって、口の中でいろんな種類の“甘さ”が楽しめましたわーい(嬉しい顔)


ちなみに、茶麻呂はツジってる間、ちゃんとおりこうさんに留守番できましたムード

結局こうして、桜桜を楽しんだんだか、甘味喫茶店を楽しんだか分からない1日を過ごし、

(カットしてますが、この日は他でもカフェってます喫茶店

深夜までうちで語り明かしたうめちゃんは翌朝帰り、
みゅうは起きてまた桜桜を見に行ったのでした・・・。


これぞ

ネバー・エンディング・チェリー桜  

ですね。。。



【おまけ】

都路里の特パは、抹茶カステラ・抹茶アイス・抹茶シャーベット・抹茶ゼリー・抹茶ソフト・白玉など、お店のメニューのすべての材料が集まった最強ともいうべきパフェ。

みゅうが特選パフェを選ばなかったのには、理由があります。
それは一体何でしょう?


ニックネーム みゅう at 04:32| Comment(11) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

花見はやっぱりピクニック気分で♪

昨日、アップ直前まで書いた記事が一瞬で消え、もうブログなんていっそ止めちゃおうかとまで思ったみゅうです顔(泣)

せっかく新しいパソコンパソコンがあるのに、Vistaがうまく使えなくて、XPのOSがあるネットカフェに通ってしまう救われないほどのアナログ人間・・・・(T_T)



ドウシタモノカ・・・・。






さてさて、京都の桜桜先週の中頃にピークを迎え、さすがに週末は見納めかと思われつつも、

その前の週の土日の天気がイマイチ曇り雨だったために先週末はたくさんの花見客が見受けられました。


DSC_5690.JPG






?


私は先々週の週末に花見をしましたよ桜


DSC_5684.JPG

上桜の咲き具合も最高な頃合。



金曜の夜に



「そうだ。明日、花見しよう桜



と思いついてお弁当を作り始めたのが深夜の0時三日月


お弁当を作りつつ友達にメールphone toして明日の集合時間などを決めます。


DSC_5688.JPG

上お弁当。春らしさを出すために筍の木の芽和えなどを入れてみましたるんるん


ちなみに茶麻呂めしはカメラ一番右下のタッパの
パスタ飯(そば飯をヒントに)」。



材料は弁当と昼食の余り物(ブロッコリーの花先・すりおろしニンジン・大根の葉・パスタ・冷や飯・卵黄・鶏肉・しいたけなど)を炒めて真ん中にゆで卵の卵黄をのっけたもの。


作ってる傍でそわそわとおこぼれを狙う茶麻呂犬(笑)揺れるハート


しいたけと.jpg

このしいたけ、茶麻呂の顔よりデカいね。。。たらーっ(汗)




翌朝。
天気は時折曇ったりしていたものの、いざ花見へ車(セダン)



DSC_5683.JPG

今回の花見会場は、茶麻呂と一緒のため、


@ 大学生の新歓とかとかぶらない場所
A 観光客とかが来ない静かな所
B 川があるところ(桜と川の写真が撮りたかったカメラ
C 芝生の上(犬(笑)とボール遊びがしたい)


を条件に花見の穴場へ行ったのですが、
早めに行った事もあって
場所は選び放題。


DSC_5692.JPG


DSC_5687.JPG

比叡山もど〜んと見えて、なかなか風光明媚な場所ですぴかぴか(新しい)



お弁当を広げた頃に友人がやってきて、お花見開始。茶麻呂が必死で自分の弁当を探しています顔(イヒヒ)下



DSC_5706.JPG


記念撮影下
最近の茶麻呂は、カメラに比較的目線をくれるようになりました。

以前なら茶麻呂のバックに食べ物があれば視線なんて絶対くれなかったのに(笑)


DSC_5703.JPG


DSC_5707.JPG

上僕のお弁当はどれでしゅかね〜・・・あせあせ(飛び散る汗)



ところで、花見の時って、隣の集団が何集まりなのか、とか気になりません?

明らかに会社の花見とか大学生の花見っていうのはすぐ分かるけれど、

老若男女ごちゃ混ぜの集団が静かに花見をしていたりすると
「何の集まり??」と想像が膨らんだり・・・・目

“オンナの勘で、あれは何かのオフ会ね!ひらめき

などと勝手な想像をして隣の花見客をもおかずにして花見を楽しんだのでした。


桜を楽しんだ後は、のんびりと付近を散歩です犬(足)犬(足)

白鳥(だよね?下)が優雅にたたずんでいるのを見て・・・


DSC_5680.JPG



珍しい生き物に興味津々の茶麻呂は思わずリード全開!



DSC_5673.JPG




しかし、鳥さんにものすごくドスの利いた声で怒鳴られ
(私でもビビったあせあせ(飛び散る汗))、

思わず近づくのをひるんでしまいました犬(泣)あせあせ(飛び散る汗)下


DSC_5677.JPG

上ひゃぁ〜〜あせあせ(飛び散る汗) こ、怖いでしゅ犬(泣)。何でそんな怒るでしゅか??



何故こんなに茶麻呂は怒られたのかexclamation&question



実は、鳥さん達は必死で水中牡牛座をついばんでいたのですが、
よくよく見ると、小さい女の子が餌に「金平糖」をあげていたのですexclamation

DSC_5676.JPG

上明らかに茶麻呂を見て威嚇してます



DSC_5678.JPG


鳥「ガァガァ!(訳:あたい達の縄張りの金平糖に手出ししたら承知しないわよ!)

茶「な、何だか分からないでしゅけど、怒ってましゅね・・・退散しましゅあせあせ(飛び散る汗)


よほど金平糖が美味しかったのか、

イヌを見て逃げるどころか戦いの姿勢を見せた白鳥にアッパレです顔(イヒヒ)



この後、天気が予報どおり崩れてきて雨小雨が降ったので、車に戻り、車から桜を楽しめる場所に移動しました下 



DSC_5712.JPG

↑空が暗いからあまりきれいに撮れてないけれど、桜並木がずっとつづいています。



桜の穴場なんて無いに等しい



と言われて久しい京都ですが、
まだまだ観光客の来ないエリアはあるんですよね。

例えばここ。哲学の道のように小川沿いにずらりと桜並木が続いていて、
それでいて とっても静かな桜スポット桜です。



DSC_5717.JPG



ここは夏にホタルも見られるので、よほど水がきれいなんでしょうね。。。


DSC_5724.JPG




小雨が降ってきたので、茶麻傘をさしてみました顔(イヒヒ)



DSC_5726.JPG

上僕が濡れちゃうでしゅよ犬(泣)傘代代として餌ほしいでしゅ・・エサ



途中から天気が崩れちゃったけれど、
お弁当は野外で食べられたし、
久しぶりの友人にも会えたので、大満足の一日でしたるんるん


ニックネーム みゅう at 23:51| Comment(17) | TrackBack(0) | 京都の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ