2009年08月16日

ラスティーの最期

8月13日 実家で飼っていたラスティーが亡くなりました。

ラスティー.JPG


16歳とちょうど1週間でした。

去年から腫瘍が全身にひろがって、
ご飯は食べられないし
排泄もままならない状態で
母が毎日介護していましたが
病状はひどくなるばかりで、
それでも頑張って闘病してくれました。


治る見込みがなくて
腫瘍が破裂しては膿や血が出て・・・・
どんどん苦しそうになっていた頃、
父が「楽にしてやったら」と安楽死を勧めたのですが
母は「まだ食べようという意志があるうちは、生きたいってことだから」
と、薬を塗り血止めをして、
匙に溶かしたフードを入れて少しずつ給餌していました。

それでもほとんど入らないし、
嘔吐や下痢で栄養が吸収されないので
週に3〜4回の通院もずっと続けて
点滴などを頑張りました。
8kgもあった骨太巨体がどんどん痩せて
5kgくらいのガリガリになっていき、

やがて食事も受けつけなくなって、
水を飲むにも
排泄するにも母を呼び
鼻づまりで苦しいときも母を呼ばないと
自力では何もできない状態が続いていたのですが・・・・



亡くなる前日の夜に
夜中にやたら母を呼び、
水でもトイレでもないので
もしかして、と思って
溶かしたフードを出したら、
今まで食べなかったフードを
自分の力でぱくぱく食べたそうです。

母が、治る兆しかと思ったのですが、
明くる日に妹と母が一緒に
動物病院へ連れて行き、
その帰りに発作を起こし、
妹の腕の中で死んでいったとのことでした。


妹がお盆休みじゃなくて仕事してる平日だったら
        悔んだかもしれない。


病院からの帰りじゃなくて、向かう途中だったら
  間に合わなかったと悔んだかもしれない。


お誕生日を待たずに亡くなったら
悔しがったかもしれない。


母はこの半年間、スーパーへ行くにも急いで
とんぼ帰りしてましたが、
それでも留守中に独りで亡くなっていたら
        悔んだかもしれない。



そう考えたら、
ちゃんと家族が心の整理をつけやすい頃合いを見計らって
虹の橋へ旅立ってくれたのかな。。。


ラスティー.JPG



ラスティー、長い間おつかれさまでした。
いっぱい頑張ったね。
もう痛くないね。つらくないね。
虹の橋でゆっくり休んでいてね。
お母さんや私たちを見守っていてください。
今まで楽しい思い出をいっぱいくれて
本当にありがとう。


ラスティー (3).JPG




ラスティとの思い出の記事です。

「天敵茶麻呂と、ラスティ」
http://chamalon.a-thera.jp/archives/200703-1.html

「ラスティと茶麻呂 〜年功序列編〜」
http://chamalon.a-thera.jp/article/830462.html

「ラスティたちの復讐」
http://chamalon.a-thera.jp/article/832811.html

「わんこ肉じゃが」
http://chamalon.a-thera.jp/article/836715.html

「茶麻呂と帰省」
http://chamalon.a-thera.jp/article/1066759.html


ニックネーム みゅう at 01:56| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
16年間、みゅうさん家族と一緒に過ごせたラスティちゃんは、幸せを十分感じて虹の橋を渡っていけたのだと感じました。
妹さんの腕の中での最期は、ラスティちゃんにとっても安らかに旅立てる場所だったと思います。
姿はなくなってしまったけど
これからは、みゅうさん家族の心の中に
永遠と生き続けています。
そして、心からのご冥福をお祈り致します。
Posted by トラ at 2009年08月16日 10:02
ラスティくん、亡くなったんですね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

でも、16年間、みゅうさんの家族に囲まれて幸せな日々だったと思いますよハートたち(複数ハート)

ラスティくんに代って、みゅう家の皆さんにお礼申し上げます。
「みんな、長い間ありがとうだワン犬(笑)揺れるハート

Posted by ゆぅた at 2009年08月16日 13:34
ラスティ君、旅立ってしまったのですね・・。
最後まで皆の愛情をいっぱい受けて、
きっと、とても幸せだったのではないでしょうか。
腫瘍はワンコにとって、本当に痛くて、とても辛い病気です。
私も病院で何頭という腫瘍と戦っている子、戦った子を見てきました・・。
ラスティ君もそうだったのかと思うと、心が痛みます・・。
ラスティ君、本当によく頑張りましたね。
虹の橋では痛みも無いし、健康な体でいっぱい走れるね!

心より、ご冥福をお祈り致します。
Posted by 隆奏 at 2009年08月16日 23:14
初期の時に日記を拝見して
ラスティーくんの事は存じておりましたが…
虹の橋に行ってしまったんですね。。。

ゆっくり休んでね、ラスティー君

改めてラスティー君の御冥福をお祈り申し上げます。
Posted by 新月 at 2009年08月16日 23:22
心よりご冥福をお祈りいたします。
ラスティくん、とても頑張りましたね。
ご家族のみなさまも、お疲れさまです。

たくさんの愛情と素敵な思い出を持って虹の橋へいかれたのですね。今はきっと元気に虹の橋のところで走り回ってますよ。
私にも、早くに虹の橋へ行ってしまったニャンコがいますが、いつか会える時を楽しみにしてます。元気に走ってる姿が見えたらいいなっていつも思います。

Posted by きゃらママ at 2009年08月17日 14:35
ラスティ君、頑張ったんですね… 
でも優しいみゅうさん一家の一員としてとっても幸せだったと思います。
今頃天国から皆さんを見守ってくれていることでしょう。

ラスティ君&ルイ君がいたおかげで、きっとみゅうさんもシーズーの茶麻呂君&さつきちゃんを迎えたんですものね。。。。

まだご家族の方辛い時期かと思いますが、いつかきっとまた会えますよ。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by ゆめ at 2009年08月18日 01:24
このラスティーくんのブログ、3日前に読んでたんだけど、コメント書けなくて…
頑張ったんだよね犬(笑)最後は家族の手の中で見守られて逝ったんだよね犬(笑)
今頃は、虹の橋を渡って来夢のおねえちゃんのたばさと会ってるかなexclamation&question

ラスティーくんのご冥福をお祈りしますぴかぴか(新しい)
Posted by ラムまま at 2009年08月19日 18:15
ラスティー君の記事を読んで、私の実家で飼っていたシーズーのさぶろうの事を思い出しました。
さぶも16歳で私は当時岡山でトリマーをしていたので、滅多に実家(福山)に帰らなかったんですけど、たまたま帰ってた夜中に静かに私の腕の中で虹の橋を渡って行きましたもうやだ〜(悲しい顔)
私の帰りを待ってたのかな??って今でも思います。
ラスティー君、腫瘍で痛い思いもいっぱいしたと思うけど、優しい家族に支えられて凄く幸せだったと思います!
文章からすっごく伝わってきますexclamation×2
私、文章を読んだだけで大号泣しちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)
凄く辛いですけどきっとラスティー君はいつもみんなの事を見守っていると思いますよ。
ラスティー君のご冥福を心よりお祈りいたします。
Posted by ゆめ&ふわわママ at 2009年08月20日 22:40
魚みなさまへ>あたたかいメッセージをありがとうございます。皆様にいただいた一つ一つの言葉が心に響き、おかげで気持ちの整理もつきました。本当にありがとうございます。実家にはまだルイ君(シニアですが)もいるので、ルイが母や妹の心をいやしてくれていることと思います。
 今週末にはブログにも復帰したいと思います。心のこもったメッセージに感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by みゅう at 2009年08月21日 01:28
南無三界萬霊、南無三界萬霊、南無三界萬霊。
南無ラスティー、南無ラスティー、南無ラスティー。
もう少ししたら、うちの智備も浄土へ参りますんで・・・
Posted by masayan at 2009年08月22日 12:53
まさやんさん>引導ありがとうございます。きっとお空の上からお寺のまさやんさんめがけてお礼言ってると思います。
Posted by みゅう at 2009年08月22日 16:09
アロハ〜!
ラスティーちゃんのご冥福、心からお祈りいたします。
16歳でしたか。。
大往生ですね。
とはいえ、本当に長いだけに悲しみも大きいです。
茶麻呂君との思い出がよみがえります。

メールが遅れててごめんなさい。
また、メールしますね。
Posted by モリーママ at 2009年08月23日 18:54
モリーママさん>ありがとうございます。茶麻呂も今度帰省した時にはラス兄ちゃんのことを探すのかもしれませんね。メール届きました。ありがとうございます。
Posted by みゅう at 2009年08月23日 21:06

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ